« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月29日 (土)

デザインを変えてみました

 テンプレートのデザインを変えてみました。
 いかがなもんでしょう?
 記事ごとにコメントがつけられますので、記事の下の「コメント」をクリックしてくださいね。
 また、いちのせが困らない限りはトラックバックも大歓迎です。
 どんどんどうぞ。
 ただし、前にあったようなアダルトサイトへのトラックバックなんかは予告無しに削除しちゃいますので、よろしく。

 記事と関係ないけどコメントをつけたいときは、「GREEN PRESS伝言板」へどうぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年1月28日 (金)

鬼太郎映画化!?

Yahoo!ニュース - エンターテインメント - スポーツ報知

たまげました。
ええ、たまげましたとも。
ぜんぜんそれらしい情報は入っていなかったんです。

実は今日まで、うちの館長が水木プロのマネージャーさんと一緒にバンコクに行ってたんですが、そこでもぜんぜんそんな話は出ていなかったそうです。
水木プロと東映動画が裁判で争っていた関係で、早くても鬼太郎の新しいアニメは今年の秋以降、ということだったんですが。
しかも松竹の2005年映画のラインナップの発表だというのに、2006年公開の鬼太郎が話題のトップをさらっちゃってるし(^_^;)
この夏公開の角川映画「妖怪大戦争」がどうやら当たりそうだと見越してのことでしょうか。

しかし、それにしても問題はキャスティングですよね。
ちゃちなもんつくったらそれこそ、ファンも水木関係者も承知しませんよ。
いやあ、以前のフジテレビ版があんまりだったもんで、不安が大きいですよね。

今年は「妖怪大戦争」、来年は「ゲゲゲの鬼太郎」と、うちには追い風の話題なんですが、さて、それに便乗してどこまでがんばれるか、それを問われますよね。ふんどしを締めてかからねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月25日 (火)

韓国に行ってきました

 23日から今日まで、韓国に行ってきました。
 2週間前に職場のスタッフから人数あわせのために誘われて、お休みが取れたので本当に急に決めた旅行です。
 しかも、海外はようやく2度目、前は出張だったから観光では初めての海外旅行です。

 今日の昼前に帰ってきて、午後から美容院に行ったり実家に行ったりしてばたばたしていたので、さすがに今はくたびれています。旅行記は近いうちにアップしますね。

 しかし、みんななぜあんなにショッピングが好きなんだ・・・?それもブランド品ばかり。
 市場をのぞいて歩くのはいちのせも好きですけど、コピー品であろうがなんだろうが、ブランド物ばっかり求めて歩く人々について歩くのはちょっとくたびれました。
 いちのせは観光とエステとおいしい食事ができれば十分なんだけどな。

 と、いうわけで、メールのお返事も滞っております。
 ご容赦を。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年1月23日 (日)

加山雄三の「ブラック・ジャック」見てる?

知っている人は知っている。
加山雄三主演の大怪作です。
いちのせは小学生の時かな?
リアルタイムで見てました。
あの奇怪なオープニングはよくプレイバック特番で見ることが出来ましたが、今になってスカパー!で見ることができるとは思いませんでしたよ。

子ども心に「大人のくせにけったいなもん作るな~」と思ってましたが、改めて見るとやっぱりこんなものを大真面目によくつくったなと思いますね。
なにしろ加山雄三ですよ?
あの大物俳優がブラックジャックのコスプレ(にしか見えません)してるんですよ?
しかも共演者が秋吉久美子やら藤岡琢也ですよ?
コスチュームデザインがコシノ・ジュンコですよ?
バラエティ番組とかじゃなくて、ちゃんと夜の9時代(だったと覚えてます)の大人の時間のドラマだったんですよ?

今じゃ考えられませんわね。

はっきり言ってあの作品を実写で映像化するのにはものすごく無理があります。
しかも舞台を日本国内に限っちゃってるもんだから、設定が苦しい(^_^;)
なんでブラックジャックだったんだろう。
結構まじめなドラマが、いきなりブラックジャックの登場でお笑い変身ものになっちゃうんですもん。
ブラックジャックを原案にした別物のドラマにしちゃえばよかったのに。

そういえば、アニメの新作も見なくなっちゃったなぁ。
大塚明夫さんの声は、なかなかブラックジャックにはいいなあと思ってるんですけど。
なんだか作品自体に力がなくなっちゃってるといいますか。
「火の鳥」もそうだったけど、原作はあんなに面白いのに、それで昔はアニメも面白かったのに、最近作られたのはなんで気の抜けたサイダーみたいな印象しか残らないんでしょうね?
今のアニメを見たら、手塚御大はどうおっしゃるものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月19日 (水)

びびった~!

 仕事のある日はほぼ毎日、うちの市の文化福祉財団の事務所に出かける。
 そこの事務のおねーちゃんがいちのせを呼び止めるんだ。
 「いちのせさんってもしかして同人誌とか・・・」
 うわ~!なんでここで『同人誌』なんちゅう単語が出てくるんだ~!
 「やってますよ(^_^;)」
 「○○ってイベントに出てましたか?」
 「・・・ありましたね~、○○」
 「あれ、友達がやってたんで、昔のカタログを見せてもらったらいちのせさんの名前があって~」
 ・・・うわ~。とーっても昔のことを。
 星矢でばりばりやってた頃だな。

 悪いことをしてるわけではないんだけど、やっぱりカタギの仕事をしてるときに同人の話を持ち出されると心臓に悪いっす。いや、いちのせは「明るく社会性のあるヲタク」を目指してるんですよ?
 しかし、昔はとっても怖いもの知らずでしたから。
 心臓に悪いものもずいぶんつくってますからな。

 この前は某コミュニティサイトで弟にばったり出くわしてびびりましたが(^_^;)
 だって、一応家族にはハンドルネームはばれないようにしてたつもりだったので。
 腐女子な日記をばりばり書いてるのをしっかり見られてしまいました。
 ま、それが君のお姉さまの真実だってことで!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月13日 (木)

腐女子って何・・・?

 ってMIQ(三玖)さんにきかれちゃった。
 さて、同志の皆さま、どう説明いたしますか?

 何の話の流れの中で出てきちゃったんだかな~?
 MIQさんはアニメの主題歌は歌っていても、ヲタクなわけではありません。
 カタギの皆さまの前では、なるべく腐女子な発言はしないようにしているんですが、たまたま同志が一緒にいて、「tactics」の話かなにかをしてたのかな。

 説明に困った挙句、思いついたのがこだか和麻さんの「KIZUNA」。
 MIQさんはかつてこれのドラマCDのイメージソングを歌っていて、そのときに原作を読んでびっくりしたそうです。
 んで、ああいう作品の愛好者(^_^;)というような説明をしたわけです。
 すげー苦し紛れ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月12日 (水)

「ハウルの動く城」見てきました

「ハウルの動く城」公式ホームページ

ようやく見に行ってきました。
事前に読んでた映画評では、実はあんまり評判がよくなかったんだよね。
興行成績も今までの作品に比べると落ちてきているそうなんだけど、難しいこと考えずに楽しめばいいのにって感じ。
おそらく、つくった側には強烈なメッセージがこめられているのだと思います。
戦争に対する批判はかなり強く感じられたしね。

ただ、つくった側のメッセージを読み取れなければその作品を見たことにはならないって訳ではないはず。
自分なりにその作品をどう楽しんだのか、それがあればいいと思うので、そういう意味ではいちのせは十分に楽しみました。
至上最年長のヒロインだったね、設定もキャスティングも。
もうちょっと、ハウルが恋に落ちる過程を丁寧に見せて欲しかったかな?
ソフィーと他のキャラクターとの人間関係はかなり丁寧に描かれていただけに、ちょっとハウルの不在気味が気になった。

あとは、今回神木隆之介くんの出番が多くて嬉しかったわ。
本当に演技が達者な子役さんで。
夏の「妖怪大戦争」を楽しみにしてるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「tactics」13話 腐女子萌え~!

がーーーーー!!
アニメ「tactics」13話、一体あれは~~~ッ!
いかにも腐女子に萌えろと言わんばかりのあのシーンは・・・。
罠にはまった自分が憎いわ~。

えー、ぜんぜん話が見えない方のために(ぜいぜい)、噛み砕きますと。
話はオリジナルなんですが、源頼光と渡辺さん登場の回でした。
んでもって、本格的に春華抹殺(でいいのか?)に動き出すんですが、大砲に狙われた春華をかばって倒れた勘ちゃんを春華が後ろから抱きとめる・・・というシーン。
も~、アヤシサ全開。

脚本としては勘ちゃんの性格がストレート気味で、いちのせとしては物足りない上に、やはり頼光と勘ちゃんの遭遇は原作の方が好きだなあという感じなんですが・・・。
あまりにもあのシーンのインパクトが強すぎた・・・。
いかん、腐女子の行動の次の段階、「書く」という行為に発展しそう・・・。

DVDの発売予定からすると全25話になるようですが、そうするともう半分終わっちゃったってこと!?
やっぱり中途半端で終わっちゃうのか・・・。
なんだか頼光の春華退治の話になっちゃいそうなんだわ、今後。

原作がじっくり型だから、アニメもじっくりいってほしいとこなんだけど。
今のテレビ東京さんにそれを望むのは無理か?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年1月10日 (月)

MIQさんのCD、来た、来た、来たーっ!!

Best of MIQ~MIQUEST~魂は刻をこえて・・・

来ました、ようやく!
7日発売だったのに、なぜか8日に発送されて、ようやく今日手元に。
とにかく不思議な感覚。
いつもそばにいる人のCDだぁ・・・。

MIQさんと面識が出来たのはたった2年半前のこと。
ファンではあったけど、当時のファンクラブに入ってたわけでもなかったし、アニメの舞台から消えてしまったMIQ(当時はMIOでしたね)さんの情報はゼロだった。
だから、ロボネーションライブでMIOが出演すると知ったときは心底びっくり仰天。
それと同時に衰えぬ「スーパーヴォーカリスト」の姿に、ものすごい嬉しさを感じた。
それから少しずつレコーディングも多くなってきて、新曲を聴くことも出来るようになった。

でも、まだこの時点ではステージの上の人でしかなかったんだよね。

3年半前、家庭の事情で鳥取に帰ってこられて、しかも歌の教室を開いていると知った時の衝撃!
折りしも大阪ではファンイベントが開かれて、座っている場合ではないと行動に移りましたわよ。
イベントにお花を贈り、その数日後に地元のバイオリンコンサートにゲスト出演すると知って車を走らせて。
思いっきりミーハーな地元ファンと化しておりました。

その後、縁があってポピュラーソングサークルのメンバーから掲示板に書き込みをいただいて、見学に出かけ、初日からいちばん古顔のような大きな顔で参加していたと言う伝説になり(^_^;)
無論、今でも歌手MIQ(三玖)のファンです。

でも一方では悩みを聞いてもらったり、一緒に呑みに行ったりするかけがえのない隣人ともなった。
田舎に住んでいると、その道のプロ、という人にめぐり合う機会は極端に少ないものです。
三玖さんが歌手でなくても、きっかけがあればいいおつきあいさせていただけてたと思います。
が、本当に自分がファンだった人が隣人として存在しているという事実、隣人がメジャーレーベルでCDを出してるんだという事実、とてもとても不思議な感じがするのです。

この不思議な感じはいつまでも失いたくないな。

というわけで、ベスト版がこれっきりにならないように、ファンとしては実績を積み上げて行きたい訳です。
今回は1枚ならず数枚購入しまして、普段CDショップに行かないポピュラーソングの年配メンバーに渡す予定です。
地元の文化財団とか、仕事で知り合いになった放送局のアナウンサーさんにリクエストとともにCDも送ろうかと思ってたんですが、どうやら追加発注しないと足りない感じ。
あと、アニメにはまってる親戚の子や同級生の子にも配りたいしね。
わはは、最終的には何枚買う羽目になるんだか。
いいの、楽しいから。
こういう散財の仕方は悪くないな。

だから、興味のある方はぜひ聴いてくださいね。

今年こそは地元でアニメオンリーのミニライブを実現させたいぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 4日 (火)

「tactics」12話ざんす

まず最初に。
いちのせはスカイパーフェクTV!で「tactics」を見てますので、地上波より話題が少し遅くなります。

で、本日アニメの12話を見ました。
茨木さま登場。
原作に沿ってるようで、微妙にポイントがずらしてありますが、勘ちゃんと春華の月見酒シーンなどは好きですねぇ。
思ってたのとすこーし、雰囲気違ったけど。
むーちゃんがかわいかったから許す。
むーちゃんのぬいぐるみって、本当に出ないかなぁ。
出たら買うのに。
アニメイト近くにはないけど。

今回のアニメで、原作のどのあたりまでこなすつもりなのかが見えなくて、ちょっとはがゆい。
ハガレンのように途中から原作とは別の路線で独自のラストにたどり着くのもありだとは思うけれど、原作って勘ちゃんの語られてない生い立ちとか、春華のまだ解けていない封印とか、お話の核をなすものがまだまったくと言っていいほどあかされていないじゃないですか。
それが全部なぞのままアニメが終わったら、さすがに怒るぞ・・・でも「最遊記」はそうだったんだよね~。
だから二の舞を踏みそうですっごく不安。
最低でも起承転結ははっきりさせてもらいたいもんです。
少なくともそういう誇りをもってアニメを制作してくださいね~。

やっぱり「tactics」のアニメ化はもう少し原作の目鼻がついてからでもよかったんじゃないかなぁ。
と、言いつつ、毎週心待ちにしているのはいぢらしい(^_^;)乙女心?(腐女子心か?)

そういえば、原作の6巻がすでにAmazonなどで予約可になってますが、初回限定版は今度は何がつくんだろう?
それがわからないことには、予約なんてできませんがな。
若い頃みたいに、それが何であれ買いあさるってのはさすがに出来なくなりましたもん。☆矢の時にはやりましたけどねぇ。

さて、アニメイトの通販を予約しておかねば。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

いや~、まいった、まいった

 お正月は職場も特別体制で勤務してるのね。
 普段はパートさんは3人ずつ半日交代の勤務なんだけど、お正月にそれをやっちゃうと、まるまる1日のお休みの日が取れない人が多くなっちゃうので、3人に1日勤務をしてもらうわけだ。
 しかも先月退職した人があるので、今は1ヶ月のみの予定で勤務してもらってる人もいる。
 パートさんの主なお仕事はチケットカウンターでのチケット販売。レジ打ちや金銭のやりとりがあるわけだ。なので、ある程度経験が必要。1ヶ月のみのパートさんにはまかせられない。
 が、本日出勤した3人のうち、一人はその1ヶ月のみのパートさん。一人が仕事が始まって2時間ほどしたところで体調が悪いので早退させてくれと言い出した。出勤したときからぐずぐずしてたのでおかしいな、とは思ってたけど。うちでは勤務を休むときにはパートさん同志で交代の交渉をするのがルールになってる。他の人に交代を交渉せずに出勤してきた限りは、最後まで勤務してもらわないとしわよせが半端じゃない。なにしろ3人ってのは最低限必要な人数だから。
 それをさっさと蹴られてしまったもんだからさあ、大変。普段はいちのせも含めて二人いる施設管理の職員も、交代で休んでいるからいちのせ一人しかいない。でも、お客様業務最優先だから、とにかくいちのせは接客のカバーに入る。で、本日の勤務で唯一まともに勤務できる人が昼休憩に入るには、いちのせがレジ打ちもせねばならんのである。
 いちのせはあくまで施設管理の職員として配置されているので、レジ打ちの研修なんかもちろん受けてない。でもそんなことは言ってられないので、お客さんが少なくなったところを見計らってレジ打ちの練習に入り、パートさんの休憩中はレジについた。そのほかもほとんど場内の案内等に出て、おまけにけっこうたくさんかかってくる「今日はあいてますか?」の問い合わせ電話にも出なくちゃいけないし、毎日のルーティンワークももちろんこなさなきゃならないし。
 終わったときにはさすがにぐったり。幸い、レジも間違いがなく売り上げがしめられたのでめでたし、めでたし、だったんだけど。
 頼むから朝から体調が悪いなら、さっさと他の人に交代を交渉しといてくれよ~。お正月だから頼みにくいのもわかるけど、いきなり早退するっていわれてもそれこそ代わりの人なんか頼めないよ~。

 こうしてみると、フルタイムの勤務経験のない人たちを使う難しさってのを思い知らされますね。自分が抜けることで、どこにどういったしわよせがいくのか、そうならないためにはどうすればいいのか。プチうつで動けなくなるいちのせも、二人しかいない職場ですから、相方が休むときにははいずってでも出勤するわけで(職場で死んでますが)。もしくはいつまでに連絡をしてあればいいのか、何を誰にたのんでおけばいいのか、そういうことを考えずには休めないですもんね。特に今日早退した人もそうなんだけど、フリーランスの人などは自分のペースで働くことに慣れきってて、わかってもらうのが難しいです。

 はっ!いかんいかん。また愚痴ばっかりになってしまった。
 あとは今日の疲れを明日に残さないようにするのがいちばん大切。そうしないとまた動けない発作がやってくる・・・。

 いちのせのお正月休みは明後日と明々後日に連休をもらう予定。
 でもなんだか大雪になりそうな予報が・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年1月 3日 (月)

「tactics」ドラマCD来た~!

年末ぎりぎりにAmazonに注文していた「tactics」のドラマCD主題歌CDがやってまいりました。
本当は昨日配達に来てくれてたらしいんだけど、実家に帰ってて受け取れなかったのね。
お正月も休みなしに配達してくれるペリカンさん、お疲れ様です、ありがとう。
んで、早速聴きました.

これはアニメの方をベースにしたドラマCDなんで、BGMとか聴きなれたものが流れてて耳には心地よいですね。
んーでもやっぱり人物の性格設定が甘いかも。
日頃からアニメの勘ちゃんの性格設定には異議を唱えておるいちのせですが、やっぱり勘ちゃんが素直じゃダメだよーん。
しーっかり腹黒い狸でいてくれなくっちゃ。
いや、いちばん奥底は無茶苦茶純粋だと思うんですけどね。
今の勘ちゃんは一皮もふた皮も化けの皮をかぶりまくってますから。
本音をさらすのは、春華の封印が全部解けたときでしょう。

でね、今回春華のせりふでヨーコちゃんに「ぬりかべになれ」ってのがあるんですが。
ぬりかべは水木御大の創作物だと思うぞ。
原作の雨降り小僧くんといい、御大の影響が大きいのはわかってましたが、一般的に語り継がれている妖怪と、御大の創作物とがごっちゃになってるのが現実なんですよね。
一反木綿は・・・どっちだったっけ?
こういうところがネタに出来ちゃうのが、趣味を仕事にしてしまった醍醐味ですな。

さて、次は「ミエナイチカラ」をポピュラーソングで練習してみようっと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年1月 1日 (土)

福袋は好きですか?

 昨夜は朝方まで起きてたので、今日は起きたらお昼前。
 実家に顔を出す約束をしていたので、身支度をして家を出たら、すぐ近所にある衣料品店が初売りで駐車場には車がいっぱい。実家でそこの広告を見たら、2005円の福袋とか出してるのね。
 いちのせは基本的には福袋は買いません。必要なものだけ買うように心がけてるから。そうしないと狭いアパートなんてすぐに物であふれかえっちゃうじゃありませんか。
 おまけにいちのせは肥満体だから、衣料品はきちんと試着しないと着られないことの方が多いからね。まめにリサイクルショップに行って処分するならともかく、ぐうたらないちのせにはとてもとても(^_^;)
 確かに中身がわからない楽しみとか、おまけのわくわく感とか、そういうのは嫌いじゃないんですが、いらないものの方が多かったらいくら安いものでも無駄遣いだし。
 ってなわけで、福袋はまず買いません。
 皆さんは福袋好きですか?どんな福袋を買われますか?

 そして、元旦から営業しているお店の多くなったこと。
 日本はここまで便利にならなくちゃいけないんだろうか、とちょっと疑問に感じています。
 いちのせが小学生の頃は、お正月の三が日は小売店はお休みなのが当たり前で、大晦日には3日分の食料を買い込んでいたもんです。
 あいてるお店といえば神社付近のお店くらいで、だからお正月っていうのは近くの氏神さんに初詣に行って、あとは家でテレビを見たり、年賀状の返事を書いたり、すぐ近所の母の実家にお年始に行くくらい。百人一首に凝ってたときもあったかな。
 大晦日にも家族連れで遊んでいる人たちを見ると、何かが違う・・・と感じてしまうのは自分が若い人たちの考え方とずれてきたせいでしょうかね。
 でも、本当にこのままでいいのかな。

 先日あるテレビでビル・トッテン氏が「中国の人が全員今の日本と同じ生活レベルを求めたら、地球の資源は1年もたずに枯渇する」とおっしゃってたんですね。きちんと統計的な根拠があったわけではないけれど、「途上国は発展を求める。先進国は資源が足りなくなるからそれを抑えようとする。どちらもがある程度我慢をしていかなければならないだろう」と。豊かさを知ったものが生活レベルを落とすのは難しい。でも自分は高みにいて、上を目指すものに「お前は上に来てはいけない」というのは不条理でしょう。現実にはそうなってるんですが。途上国にも目標を最高点におくのは我慢してもらわなくてはならない。そのかわり、先進国も今甘受している豊かさを我慢していく覚悟がいる、と。確かにそうでしょう。コンビニがなくちゃ生きていけない人はいません(あ、経営に携わっている人々というのは、また別の視点で見る必要があると思いますけど)。元旦にすべての店がお休みでも、やっぱり死ぬ人はいないでしょう。日本の三次産業はひたすら客のニーズの追及と満足を課題としてきたけれど、過剰な満足の追求は近い将来にしっぺ返しがやってくるような気がしています。
 エコロジーをアクセサリー感覚で捕らえずに、必要なものを必要なだけ供給する、そういう時代に立ち戻っていかないといけないんじゃないかな。

 ・・・と言いつつ、自分も過剰サービスの片棒を担いでるんだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

 2005年になりました。
 新年あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくおつきあいくださいませ。

 お正月は元旦だけお休みがもらえたので、明日はお寝坊さんです。
 起きたら実家に行ってお雑煮を食べて、祖母の家に年始に行きます。
 今夜もさっきまで実家で紅白見てたので泊まればいいようなもんですけど、車で10分ほどの距離で泊まるのに宿泊セット持参するのもうっとおしくって(実家に私物がないんですよ、本以外)、雪の中車を走らせて帰ってきました。

 何年か前までは紅白が終わってから同級生仲間が車で拾いに来てくれて、初詣に出かけてたんですが、さすがに既婚者も多くなりまして、最近は行けなくなりましたね。下手すると初詣そのものにすら出かけてない。いかんなぁ。季節の行事は大切にしなくては。
 なので明日は地元の神社に初詣に行ってこようかと思ってます。歩いて10分もかからないとこなんだけど、寒そ~。

 今年は開き直って有給休暇を積極的にとって、自分を養いに出かけようと思ってます。
 同人誌即売会や旅行や勉強や。
 上司の顔色伺って、取りたい休みも取らずにばったりと寝込むのはやめにしたい。
 心から笑顔でいられる自分でありたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »