« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月27日 (日)

たつみや章先生の講演会

 新聞をチェックしてたら、片隅の小さなイベント案内に「たつみや章講演会」というのを見つけた。場所は斐川町立図書館。たつみや章さん、またの名を秋月こお。たつみや名義ではいちのせはさんざん涙を流した素晴らしい児童文学を、秋月名義ではいわずと知れたフジミシリーズの作者。
 子ども20名、大人50名の定員だったので、今から申し込んでも無理かなと思いつつ、昼休みに電話をかけてみました。すると、どうやら定員はいっぱいになってるみたいだけど、あと数人なら、という返事に「一人なんです!」としっかり受付をしていただきました。
 しかし、受け付けてくれたお兄ちゃん、図書館勤務だというのに漢字の書き取り大丈夫なんだろうか・・・。いちのせの本名って、難しい字はまったくないので、ほとんどの人が簡単な説明でどんな字を書くのか理解してくれます。が、今日のお兄ちゃんは訓読み、音読み、どちらを説明してもわからないみたいなのです。わからなかったらひらがなにしといてくれ、と言ったんですがそれもダメ。こっちは公衆電話からだったので、ちょっとうんざりしてしまいました。最終的に字はわかったみたいなんですが、それを表現する兄ちゃんの言い方がまたすごかった。・・・その通りに書いたら、字にはならんぞ・・・。いや、形はなんとかそれらしくなるかもしれんけど。
 ものすごーく国語能力に不安を感じた一幕でした。

 で、明日はそのたつみや先生の講演会に行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月20日 (日)

「KIZUNA」X~たとえ腐女子と呼ばれようとも

 お久しぶりの「KIZUNA」です。
 前からずいぶん間が開きましたよねぇ?
 今回は未来を見据えた2組編って感じでしょうか。
 佳が最初の生意気な頃に比べたらずいぶんかわいくなっちゃいましたよね。
 もしかして退行してない?

 「KIZUNA」にはもうひとつ因縁があります。
 ドラマCDが出ているのですが、2枚目のCDに収録されているイメージソングを歌っているのが、いちのせの師匠、MIQ(三玖)さんです。
 最初「KIZUNA」のイメージソングと聞いて、「・・・KIZUNAってあのKIZUNA・・・?」と思わず聞き返してしまいました。
 すでに以前出ていたドラマカセット(←時代が・・・)などを聴いていたんですね~。
 確か間で圭の声が変わっちゃったので、それは聴いてなかったんですが。
 やっぱり圭の声は一条さんでなくちゃね。
 ・・・でも、実の兄にBLものを演じられる漫画家の心境って・・・!?

 で、MIQさんの話。
 マンガの中身はレコーディングのときに一応は見られたみたいです。
 でも、さすがに理解不能な世界だったみたいですね~(笑)。
 「描いた人は普通の人だったよ」って、まるでBL描いてるのは普通じゃない人みたいじゃないですか。まぁ、強く否定は出来んけど。
 いちのせが中身を知ってるって聞いて目を丸くしてらっしゃいました。わはは。
 いちのせってば思いっきり腐女子なんですが。
 でも、歌はあのオヤジがテーマでしたから、めいっぱいニューヨークナイズされてました。
 言われなくちゃ「KIZUNA」なんて連想できないような。
 しかし、あの当時どこからテーマソングをMIQさんが歌うなんて発想が出てきたんでしょ?

 福岡・佐賀で地震の被害にあわれた方に、心からのお見舞いを申し上げます。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月18日 (金)

ハガレン10巻~アニメが終わっても原作は前に進む

 9巻が妙に殺伐とした世界になってきてたので、正直言って読むのが辛くなってたんだけど。
 10巻だって立派に殺伐としてるけど、人の持つ暖かさがちゃんと感じ取れたから、辛くはなかったね。切なかったけど。
 だってね~、これ言っちゃおしまいなんだけど、主人公たちってば我が子みたいな年齢なのよ!?
 いや、いちのせに子どもはいないが。いてもおかしくない年齢なのは確かなわけで。
 それが自分より大人だったりするわけで、やっぱりそれって切ないわね。
 子どもにはなるべく長い間子どもでいてほしいもん。
 大人になったらもう引き返せないわけだから。

 少しでも明るい光が見えてきてくれるといいなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月17日 (木)

「tactics」6巻

 最近本屋さんに行ってなかったもんで、6巻が出てることをうかつにも知りませんでした。
 木下さくらさんと東山和子さんのホームページで知って、慌ててネット書店で購入。
 今日届きました。

 前から、「何でタイトルが『tactics』なんだろう?」と思ってはいたんですが、今回の勘ちゃんの科白でなんとなくわかったような気がします。
 tactics=戦略
 ここでは「策略」という意味でしょうか。
 つまりは勘ちゃんの策略の物語、ということなのかな、と。

 しかし!
 本編の割合が少なすぎませんか!!
 作者お二人とも口を揃えて「描きたいけどよる年波に勝てない!」なんておっしゃってますが。
 やっぱり外伝は1冊にひとつくらいにとどめておいてください。

 ・・・で、今回は通常版を買ったんですが・・・やっぱり初回限定版を買うべきだったかと後悔。
 PCゲーム、やってみたいかも。
 2、3日後に限定版を注文していたら笑ってやってください。

 アニメの方も終わりが間近。
 見たいような、見たくないような・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年3月14日 (月)

ホワイトデー

今日はホワイトデーだったんですね。いただいた中でも「地中海の猫」という文庫がツボ!写真は桜さんです。4wl4wj4wish0041_el_i.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月13日 (日)

いいなぁ、楽しそうだなぁ、tacticsイベント

@nifty:アニメ@nifty:ニュース: 勘太郎・春華・頼光がガチンコ勝負!? TVアニメーション『tactics』DVD発売記念イベントレポート[東京・日本教育会館(一ツ橋ホール)]

 DVDの発売記念でこんなイベントが開かれてたのね。
 いいなぁ。楽しそう。
 特に主題歌は最近のタイアップ全盛の主題歌の中できちんと作品を表現している曲で、いちのせとしてはお気に入り。
 ただ今カラオケ練習中。
 キーが少し高いので苦戦してるけど。
 ナマ歌聴きたかったなぁ。
 この歌って、ドラムのリズムに惑わされやすいので、リズムをきっちりおさめるのが難しいんですよ。
 でもって、OPは春華から勘ちゃんに向かってのメッセージ、EDは勘ちゃんから春華へのメッセージですね。
 歌詞をきっちり読み込むと萌え萌えです(^_^;)

 最近の若手声優さんって、正直言って声や演技の聴き分けが出来ない人が多いと思ってたんですが、櫻井さんや宮田さんに関しては個性がわかるようになってきました。
 というか、あちこちたくさん出演なさっているので声を聴く機会が多くなったんですが、見事に演じ分けていらっしゃるんですね。
 (いや、プロの方にこういう言い方は失礼なんだが)
 先日から地上波で始まった「今日からマ王!」も主演が櫻井さんでしたが、声だけで春華なのか有利なのかちゃんとわかります。
 科白の中身で役を判断しないとわからない声優さんも多い中、科白に関係なく声で演じ分けられるっていうのはやっぱりすごいことだと思いました。
 うーん、やっぱり機会があったらイベントに行ってみたいなぁ。
 イベントのDVDも出てくんないかなぁ。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年3月10日 (木)

ありがとうの日

 昨日の話になっちゃいますが、3月9日は「サンキューの日」なんだそうです。
 「ありがとう」って言葉について、改めて考えさせられちゃいました。

 なにげなく使っているつもりだけれど、そういえばあの人からは一度も言われた記憶がないなぁ、という相手もいるわけで。お礼を言われたくて何をするわけではないけど、やっぱり「ありがとう」とか「お世話になりました」とか言われて、嫌な気持ちになる人はいないわけで。それが何をしたって「ふん」しかかえってこないってのは、思うまいと思ってもむなしくなっちゃいますよね。
 人のふり見て我がふり直せ。きちんと挨拶とお礼は言える人間でいよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年3月 4日 (金)

ご無沙汰しております

 皆さま、大変ご無沙汰しておりました。
 ネットをさぼって何をしていたかと申しますと、インフルエンザで寝込んでおりました。

 いやぁ、今年のインフルエンザは、滅多に寝込まない実家の父も寝込ませたと聞いてましたので警戒はしてたんですが、あっというまにかかってしまいました。
 金曜日に職場の人が「風邪気味だから医者に行く」というのを聞きながら、そのあとちょっと咳が出始めて、うつったかな?と思ってたら土曜日には盛大に関節痛。熱を測ったら37度4分でした。
 翌日が休みの予定だったのでなんとかがんばって、帰宅してすぐに寝てしまいましたが、翌日関節痛はひどくなるは、おまけに神経痛まで出てくるわで1日寝ていてもよくならず。ひたすら水分をとって、暖かくするのですが、汗が出ないのです。
 夜は神経痛で熟睡できず。寝てるんですけど、夢の中まで神経痛が追いかけてくるの。夢の中で「あいた、あいたたた・・・」とか言ってたりして。

 で、月曜日は仕方がないので病欠。
 しかし一向に関節痛も神経痛もよくならないし、おまけに家の体温計が壊れちゃったので正確な体温が測れないし、水分もしっかりとらなくちゃいけないけど、普通食を食べるのが辛くなってきたし・・・と悪条件ばかりが増えていくので、一人暮らしを始めてから初めて、実家にSOSを出しました。母に体温計と果物類を買ってきてもらうように頼んだのです。
 心配した父が実家に連れ帰って来いと言ったらしいですが、さすが我が母。娘の性格を理解してて、「絶対に帰ってこん」と買い物をして持ってきてくれました。んで、うつると困るので届けてくれてすぐに退散。
 早速熱を測ったら38度になってました。わはは、えらい(←しんどいという意味です)はずだ。
 水も大量には口に入れたくない、けど買ってきてもらったアイスクリームを食べて、一口二口水飲んで。
 本当は医者に行くのがいいんだけど、月曜日の病院なんて病人の行くところじゃない。
 とにかく食べられるものを食べて、暖かくしてひたすら寝る!

 火曜日。休館日なのでお休み。
 熱は昨日よりはましで37度台。
 お腹がすくんだけど、実際に食べるとりんご2分の1個で満腹になってしまいました。ああ、いつもこうならダイエットには苦労しないのに!
 みかんや苺やアイスクリームをちょびっとずつ食べては寝て、を繰り返すうちに、上半身にもうっすらと汗が出てき始めて、午後にはほぼ平熱に戻りました。が、神経痛が去ってくれない!うとうと寝てても「いてっ!」と目が覚めるのですわ~。不眠の人って大変だね~。
 母が座薬の鎮痛剤をくれると言ってましたが、それはパスしてもうちょっと様子を見ます。
 平熱に戻ったので結局受診せず。いかんなぁ。

 水曜日。
 熱はすっかりとれました。
 が、神経痛での寝不足で気分は最悪。
 おまけにずーっと寝てたので血圧が下がってるらしく、起きるとこけます(^_^;)
 これで車の運転はヤバイっす・・・ということで、今日までお休みをもらうことにして、今日は座る時間を長くして血圧復帰作業。あ、でもまだ主食が果物です。食べても大丈夫だとは思うんだけど、普通食はほしくない。

 で、今日から社会復帰。
 神経痛もようやくとれました。
 歩いても大丈夫、こけません。
 食事も普通食で大丈夫でした。もっとも、昼ごはんを食べたらもう何にも欲しくなくなって、晩ご飯抜きかけましたけど。思い直して野菜のスープだけはちゃんと食べましたよ。

 本当は土曜日から4日間、携帯でココログに投稿してたんですよ。
 が、昨日になって全部エラーで登録されてませんってメールが4日分まとめて送られてきました。
 寝床の中でのあの努力は一体なんだったんだ・・・?

 皆さまもインフルエンザには十分お気をつけて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »