« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月22日 (日)

東京日記その3 腐女子のお買い物

東京2日目。
ホテルでしっかり寝坊して(レイトチェックアウトできるプランだったので)、朝食も昼食に変えてもらって(といっても食べたのは10時半ごろでしたな)、のたのたと身支度を整えて、さあ今日はどこに行きましょう?

なにしろ3連休のあとの火曜日ですよ?
月曜定休のお店やデパートなんかは軒並み振替で定休日。
行きたかったジブリも火曜日が定休(うちと一緒じゃん!)。
なので、実はどこへ行く計画も立ってませんでした。

で、こういうときはやっぱり池袋ですな。
サンシャインもあるし、アニメイトもK-BOOKSもあるし。
ボークスは休みだけど、昨日行っといたし。
本日はもう一度アニメイトをゆっくり眺め渡しますか。

てなわけで、池袋のアニメイトへ。
上の階からゆっくり見てまわります。
星矢に夢中だった頃は、必死にアニメショップまわりをしたもんですが、さすがに最近は物を増やさないように心がけ(だけは)してるので、アニメショップに足を踏み入れるのは昨年が久しぶりでした。
昨年は主にやっぱりアニメオタクになってしまった親戚の子や友人の子達にお土産を、と思って足を向けたのですが、いやぁ~、やっぱり楽しいわ。
わからないキャラクターが半分以上を占めてはいますけどね。

で、結局CDを数枚買い込みました。

君はス・テ・キ
君はス・テ・キ 白鳥英美子 萩田寛子 ありそのみ

アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-26
売り上げランキング : 22,715

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

白鳥英美子さんがバイファムを歌っているというのでびっくり。
いちのせの大好きな「君はス・テ・キ」他2曲が入っています。
が、帰ってからよく見たら、アルバムも出てたのね。
そっちが欲しかったかも。

君はス・テ・キ~Emiko Shiratori Sings VIFAM~
君はス・テ・キ~Emiko Shiratori Sings VIFAM~ 白鳥英美子 友利歩未 渡辺俊幸

アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-26
売り上げランキング : 2,570

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ゴールデン☆ベスト 銀河漂流バイファム COMPLETE BOX (完全初回限定生産) 星界の戦旗III EDテーマ「てのひらの夢」 もう一度 Re Voice ― 白鳥英美子ベスト

それから、昨日ライブに行った、水木一郎さんのCD。

GO! GO! オートバックス
GO! GO! オートバックス 水木一郎 ウラジミール・千津雄 中島靖雄

キングレコード 2005-08-03
売り上げランキング : 2,396


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

トーキョー・ファンキー・ソウル・バス
トーキョー・ファンキー・ソウル・バス 水木一郎 かねこひろゆき 水木一郎 with アップルパイ

ソニーミュージックエンタテインメント 2005-09-07
売り上げランキング : 6,418


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

燃えよ少年ドラゴンズ!(少年少女野球ドラマ 主題歌・挿入歌集)
燃えよ少年ドラゴンズ!(少年少女野球ドラマ 主題歌・挿入歌集)
インディペンデントレーベル 2005-09-10
売り上げランキング : 16,758


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ライブ会場で買えば、水木さんのサイン色紙がついてくる(笑)んですけどね。
いちのせの場合、サインが欲しいのではなくて、サインをいただくシチュエーションが欲しいので、おまけについてくるのは魅力がありません。
以前みたいにサイン会なら買うけど。
アニメイトで買えばポイント貯まりますし、クレジットカードも使えますし。
なので最近はほとんどライブ会場では買いませんね。

これらのCDはただ今カーステレオに乗っけて聴いてます。
オートバックスが笑えますよ。いろんなバージョンが収録されてて。

少しずつ下の階に下りて、女の子向けのアニメグッズの階で、親戚の子へのお土産とおきとうよくちゃんへのお土産をゲット。
親戚の子は「LOVERESS」にはまってるそうで、高河ゆんのグッズをまた買うことになるとは。でも、ちょっと昔のセンスに戻ってきましたかね?
おしゃれにも気を遣う歳になってきたので、リングとイヤリング。
そういえば、星矢の時にも買いましたねぇ。アンドロメダチェーンのブレスレット(爆)やら、フェニックスの羽根のブローチやら(大爆)。
よくちんへのお土産は・・・羽田で手荷物検査に引っかかりました(笑)。さて、なんでしょう?答えは29日のアニカラオフで。

あとは特に買うものはないんだけど、ゆっくりグッズを眺めて楽しんで。

お茶の時間になったので、いつも行く星座のパフェのお店へ。
ここはとにかく星がモチーフのお店で、13星座のパフェを食べることが出来ます。
前はかなり大盛りだったんですが、この前からメニューが変わって、全部女の子サイズになっちゃいました。ちっ。

時間があったら、ジュンク堂書店にも行きたかったんですが、さすがにそろそろ時間がなくなってきたので、空港へ。
空港で職場やおばば様へのお土産を買うのもまた楽しみです。
今回は東京バナナの新製品「黒い東京バナナ」が出てました。
次回は買ってみなければ!
今回は職場にはクイーン・アリスの焼き菓子セット。おばば様にはとらやの羊羹です。
お菓子屋さんがたくさんあって、楽しくなっちゃう。

帰りの飛行機はまたバスでの搭乗でした。
第2ターミナルになってからのほうが、バスの確立が高いんですけど?
確か8割は直接ターミナルで乗り降りできるっていうのが、第2ターミナルが出来たときのうたい文句だったと記憶してますが。
米子便は虐げられてますなぁ。
いちのせはまだ第2ターミナルに直接降りたことがありません。乗ったことは1回はあったと思うんですけど。

楽しい休暇はあっという間。
翌日はお土産を配りにちょこっと出ましたが、ほぼ1日くたばってましたね。

4月のスパロボはホテル、どこにしようかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

東京日記その2 水木一郎バースデーライブ

今回はいつものスタンディングと違って、指定席の会場です。
焦って場所取りも必要ないし、ゆっくり座って聴けて、しかも大きなお兄さんたちの壁に阻まれて前が見えないなんてこともない。
盛り上がりには欠けるかもしれないけど、たまにはこういう会場でのライブはありがたいなぁ。特に四十路に入るとそう思います。

会場内で何人か知った顔を見つけて挨拶などをしていると、いきなりスピーカーからかわいい声で開演コールが!
言わずと知れたアップルパイ、別名エターナルキッズ(永遠の子どもたち)のお二人の声なのですが、「今日は水木一郎さんの・・・モニョモニョ歳のバースデーライブ」なんてくだりには会場爆笑!

毎回のことですが、いちのせはライブの最中にメモをとるなんて冷静なことは出来ません。しかも鳥頭なので、記憶も出来ません。なので、ライブで歌われた曲をひとつずつレポートしていくなんて芸当は不可能です。

今回は「新曲全部聴かせます」というサブタイトルがついていましたが、その名の通り、2005年に出した曲、そしてすでに発売が確定している曲をばんばん歌っていくという、歌詞をいつも間違える水木さんにしては無謀かも!?と言えるくらい思い切った企画でした。
案の定、しょっぱなから歌う曲を間違えて紹介したり、新曲は楽譜を前に歌ったりと、ライブの臨場感満点。

中盤にはゲストで堀江美都子さんも登場。「太鼓の達人」の曲で盛り上がりました。
そういえば、最近はサイトにお邪魔してなかったので知らなかったんですが、水木さんの公認ファンサイト水木城で、おそろいのはっぴをつくってたのね。
水木さんやバックコーラスのカインズ、アップルパイの皆さんが着て出てきたのは壮観でした。肝心の水木城の常連さんではタツキングさんしか持ってきていなかったらしく、最前列ではっぴを着る彼は会場内の羨望の的でした。

終盤はおなじみの曲で盛り上がり!
歌うわ、腕を振り上げるわで、やっぱり腕が筋肉痛。

毎年必ず行けるわけじゃないけれど、可能な限りバースデーライブには参加していきたい。
ひとつひとつのライブで必ず何かをもらって帰れるから。
ファンになった頃は、飽きっぽい自分がここまでどっぷりとはまり続けるとは思わなかったけど、ステージを観ながら、この人のファンになってよかったなと心から思う。
水木さんが歌い続けていく限り、いちのせはやっぱりファンでいるんだろうな。
どうか身体には気をつけて、いつまでも歌い続けていてください。

ライブの余韻に浸りながら、物販スタッフの友人が片付け終わるのを待ちがてら、携帯からみくしに書き込みをしていたら、前を通り過ぎた人に声をかけられた。
「ご苦労さん」って。
顔を上げたら・・・水木さんでした。
なんだか最近、向こうに先に見つけられて声をかけられるパターンが多いんですけど(^_^;)
思わず焦って「お疲れ様でした!」としかいえませんでしたわよ。
「今日は泊まり?」
って、帰りを心配してくれるのはいつものこと。基本的にはファンを大切にしてくださる方です。

その後は友人たちと夕食を食べて、ちょびっと呑んで(^_^;)
ホテルで夜食までいただきました(だってプランについてたんだもん)。
が、ホテルはちょっと期待はずれだったのが残念。
部屋が狭いのと、ルームサービスの訓練がなってなさすぎ。
アンケートにはかなり辛いことを書いて帰りました。
ビジネスホテルと大差ないシティホテルではねぇ・・・。

次はスーパーロボット魂2006”春の陣”。
うまく休みがとれるかどうかがみそですが、やっぱり行きたいぞ!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年1月13日 (金)

東京日記

1月9日、10日と1泊2日で東京に行ってきました。

目的は「水木一郎バースデーライブ」。

でもせっかく東京まで行くんだから、しっかりみっちり遊んできたい。
前日になってから、みくしの仲間に誘われて、調布市深大寺にある鬼太郎茶屋へ遊びに行くことに決めました。
ここには昨年1回行っていますが、新しい食べ物メニューなどが増えているらしいのと、揚げたてじゃころっけ(コロッケの衣にじゃこが入ってます。これが美味いんだ!)食べさせてあげるよ~という茶屋のスタッフの誘惑に負けまして。

ちなみに今回の航空券はこつこつ貯めたマイレージ特典でゲット。

朝、アパートの通路が凍っていて、思いっきりこけてしまい、先が思いやられましたが、とにかく東京に着いたらまず荷物を預けるためにホテルへ。
なんと朝の10時半だというのに、アーリーチェックインさせてくれました。
が、シングルの部屋は狭い(ーー;)
ビジネスホテルの方がまだ広いと思います。
もっとも新宿という土地柄、どうしても狭くなってしまうのかもしれませんが。

身軽になったところで調布へ向かいます。
ちょうどお昼前になるので、前に出張で行ったときに交番で教えてもらって入ったうなぎ屋さんへ。入り口は100円ショップだったりして、とてもいいうなぎを出しそうな店には見えないのですが、これが意外においしい。しかも安い。うな重ときも焼きを食べて、うーん、満足。
駅前から深大寺行きのバスに乗って、深大寺へ。

そういえば、今年は初詣をしていなかったので、深大寺で初詣をいたしました。
おみくじもひかないし、お守りも買わないけどね。

んで、いいにおいをさせている鬼太郎茶屋で、じゃころっけを購入。
お金を払いながら「境港から来たんです」と声をかけると、じゃころっけを揚げているお兄さんがみくしの仲間でした。
店の前の椅子に座ってあつあつのコロッケを食べていると、店長さんも登場。
新しくメニューに入った、「目玉のおやじまん」(ふかし饅頭)をご馳走になる。これまたふかしたてであつあつ。
いちのせは小学生の時、剣道の鏡開きでぜんざいを食べ過ぎてから、あんこは想像しただけで胸焼けがする人なのだけど、この饅頭はそれでもおいしかった!ほんのりきなこの香りがしたかな。寒い時期にはぜひオススメ!!

お店の中も一通り見せていただいて、帰りの挨拶をしたら、なんと手提げ袋いっぱいにお土産までいただいてしまいました。
こっちは手ぶらで行ったのに、恐縮。
一部は水木一郎ライブの会場で友人たちに分け、あとは職場でいただくことにしてありがたく持って帰りました。

今度は池袋へ。
知り合いのお嬢さんたちへのお土産を頼まれているので、その買出しです。
一人は「テイルズ・オブ・シンフォニア」の同人誌がご希望。アニメイトには同人誌は少ししか置いてないので、近くのK-BOOKSまで遠征。途中まんだらけまで出来ているのをみて、ちょっと仰天。本当は同人誌を買うならここがいいんだけど、荷物を預けたりしなくちゃならないので、入るには根性が必要なのだ。今回はちょっと根性不足。
K-BOOKSで3冊ばかり見つけて購入。まぁ、趣味に合うかどうかは、賭けですな。やはり同人誌は即売会で中身を見極めて買わないとねぇ。
そのあと、まだ少しばかり時間があったので、ボークスまで。
うっかり「ローゼンメイデン」にはまってしまったので、無性にドールが眺めたくなったのと、うちのSD凌ちゃん改造型悠季にも着替えを買ってあげようかな~と思ってたんですが。
SDのような大きなドールはブームが去ってしまったのでしょうか。SDの服や小物はずいぶん少なくなっていました。かわりに27センチドールが幅をきかせていましたが、やっぱりSDの方が表情なども美しいですし、抱いたりするのにも27センチドールではリカちゃん遊びになってしまいます。
ドールの服装も現実を反映した流行の服が多いのですが、やっぱり現実離れしたアンティークなドレスを着せたいですねぇ。っても、うちの悠季は男の子ですからドレスは似合いませんが。もう1体、女の子もほしいかも。
アニメイトでは「ローゼンメイデン」の真紅のミニドール発売の広告が出てましたが、せっかく球体関節ドールの設定なのですから、ぜひSD版の真紅ちゃんが欲しいですねぇ。
SD用のスタンドを買おうかどうしようか迷った挙句、今回は荷物を増やしたくないので見送りに。どうせ買うなら椅子かソファがいいかな。

なんて店内をじっくり見ていたら、あっというまに夕方です。
ぼちぼちライブ会場へ移動しなければなりません。
池袋から地下鉄丸の内線に乗って、東高円寺まで。セシオン杉並がライブ会場です。
ライブ会場といっても、いつものようなライブハウスではなく、市民会館みたいなもんですね。規模的にも境港の市民会館と同じくらいだったと思います。座席指定なので、焦って並ぶ必要もありません。
駅から会場までは大きな看板が出ていて、迷わずすぐに到着。
開場10分前ってとこでした。
知り合いがいないかな~ときょろきょろしてたら、なにわのご隠居さまに遭遇!
挨拶をしてる間に人が集まり始めて、開場時刻となりました。

続きは後日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

空港です

外は凍結してカチカチでした。アパートの通路で滑って思いっきりこけました。受験生でなくてよかったっす。道路もつるつるで徐行運転。搭乗手続きに滑り込みセーフでした。行ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から東京に行ってきます!

明日から(あ、もう今日か)東京に行ってきます!
目的は水木一郎さんのバースデーライブ。
今年初のライブです。
何を聴かせてくれるのか、とっても楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

紅白、久々にしっかり見たなぁ

大晦日に体調を崩したせいで、何年ぶりかで紅白をじっくり見てました。
つまらないところでは寝てたせいもあるけど、今回の紅白は結構面白かったと思いました。

まず、前宣伝がすさまじかった。
これでもか、これでもか、とばかりの宣伝番組の山。
「スキウタ」なんてもんで視聴者を踊らせてくれたりもしましたが、これは番組にはあんまり影響がなかった感じがします。あくまでも宣伝の一手法、といったところだったでしょうか。

紅組と白組の組み合わせがばらばらというのも、いい手だったかも。
片方は演歌、片方はJ-POPだと、チャンネルも変えられない。
1曲も少しの例外を除いてワン・ハーフ。これだと曲が短いので展開が速い。
もっともこういう手法は若者に対するものであって、高齢者には目がまわるような展開だったかも。

アクシデントも多かったですね。
司会者が歌手の名前を間違えるのはお約束(?)、マイクがぶっ倒れたってのは初めて見ました。生放送ならではをアピールできましたかね?

しかし。
みのもんたさんの総合司会はいちのせ的には失敗だと思いました。
みのさんの司会は、自分が主役でないと役に立たない。
紅白という舞台では、司会はあくまでも司会で、主役は歌う歌手なのですから、かみ合わないのは当然かも。おまけにみのさんが今時の若者をぜんぜん知らないのが見え見えで、いつも下を向いてカンペを読んでばかりいる。相手にかまわずしゃべってはしらけてる。
あの自分勝手なおしゃべりを受ける側は、大変な苦労だったでしょうね。
そこでものすごく光ったのは仲間由紀恵さんでした。
まぁ、あのみのさんのかみ合わないおしゃべりを、ものの見事に軌道に乗せなおす手腕ときたら!
あの独特のアニメ声的なしゃべりもソフトで、なかなか好感度アップだったと思います。
はっきり言って、みのさんとNHKのアナウンサーさん、不要でした。

出演者で印象に残ったのはまずゴリエちゃん。
まず数で圧倒してくれましたね。しかもやっぱり踊りがすごいし。
フジテレビのマークをつくってから、NHKの人文字をつくるというのは、「変わる」を意識した演出だったのでしょうが、あれは賛否両論かな。いちのせは素直に笑いましたけど。

感動モンだったのは森山親子の「さとうきび畑」。
普通に聴いても感動モンだったと思いますが、よかったですね。
対するさださんも同じくらいテンションの高い歌と、吉永小百合さんの朗読で寝転んで聞いてるのが申し訳なかったです。

そして、歌は実力派だというのを示したのが美川憲一。今までの派手な衣装をすっぱり捨てて、きっちり実力だけで聴かせたのはたいしたものでした。
エネルギーで人をひきつけるのを実践してみせたのがモーニング娘。かな。旧メンバー、新メンバー、違和感なく楽しめました。やっぱり元気になれる歌はいいなぁ。

明暗くっきりなのが倖田來未とあゆ。
ぐんぐん上昇中の倖田來未は、好き嫌いにかかわらず見てても勢いがあったけど、あゆはなに?アレ?えらく地味に落ち着いちゃって、華がなくなっちゃいましたね。歌だけでは苦しい彼女としては、視覚的にテンションを上げてかないとちっとも面白くありません。

で、疑問だったのはなんで布施明は「スキウタ」でも票が多かったであろう「シクラメンのかほり」ではなく「少年よ」でなくてはならなかったのか。しかもバックに仮面ライダー背負ってまで。歌の最中に会場から笑いが漏れてるってのは、歌手にとってどうなんでしょう?対してグループ魂の方は「アニメの主題歌」としか紹介されず、「ケロロ軍曹」の名前は封印なんですよね。
山川さんにされちゃった前川清だって、「そして神戸」を歌ってくれた方がよかったのに。
そのあたりのベテラン陣のカバー曲の多さにはちょっと不満あり。

と、まぁ好き勝手書きましたが、実際には寝てて見逃した曲も多くあり、とりあえず頭の中に残ってる範囲での感想です。
外出してない限りは、やっぱり大晦日には紅白を見たい世代なのですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

新しい年の最初の書き込みにしてはあまりにも月並みですが、

あけましておめでとうございます。
今年一年が、あなたにとって素晴らしい年でありますように。

・・・で、いちのせは大晦日から体調不良でダウンしておりました。
大晦日は勤務だったのですが、昼前ごろから腹痛。
加えて昼食前には吐き気まで。
おさまったので昼食は食べましたが、結局午後からは30分ごとにトイレへ駆け込むはめに。
しかし2人しかいない職員が、今日はいちのせ一人なので早退も出来ず、事務室で突っ伏しながらなんとか就業時間までがんばって、夜には実家で年越しのはずが水も飲めないので、アパートでポカリを友に篭城することになりました。
布団にくるまって、うつらうつらとしながら紅白見て、響鬼が出たのにちょっと笑って、なんとなく白組が勝ったと聞いたような気がしたら「行く年来る年」になってたのでテレビも消して爆睡。
朝起きたらすっきりと治ってました。
が、まだ重たいものは食べられないので、ポカリと林檎とうどんで一日が終わりました。
まさに文字通りの寝正月です。

ま、年末に食べ過ぎてかーなーりー体重が元に戻ってましたから、いいリハビリだったのかも。
ある人に「悪いものを旧年中に出し切ったと思えば」と言われ、なるほどとうなずいた次第です。

今年は無理はしないけど、物事を前向きに考えるようにしていきたいな。
まだ進める足はあるし、まだ進める力もあるから。
今のうちにたくさん楽しいことを溜め込んで、老後の楽しみにするのです。
後ろを向くのは、永遠に前に進む力を失ったときだけでいいなって。

こんないちのせですが、どうぞ今年もよろしくお付き合いくださいませ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »