« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年6月

2006年6月26日 (月)

犯罪者の脳の中

私は自分が不完全な人間なのを自覚しているつもり。
未熟だし、偏ってるし、無知。
だからこそ、欠点や弱点は少しでもましにしたいと思って、努力もしているつもり。

でも、世間には「自分は非の打ち所がない」と本当に思っている人がいるらしい。
自分が目の前で見ていた事実が、そういった人間の頭の中で脚色されるとどういう物語に生まれ変わるのか。
いくつも見てきて、「この人は本当に自分は完全だと認識してるんだ」と、ぞっとする思いになっている。

元職が、いろいろ人の裏の部分にかかわらないといけなかったこともあって、未熟な私はさんざん振り回された。
結局犯罪者になっちゃった人もいるし、犯罪にならないまでも延々と同じことを繰り返し続けてる人がほとんどだ。

彼らに共通して感じるのは、第三者から見て『嘘』だということも、彼らは決して嘘をついているとは自覚していないこと。
自分の都合のいいように話を曲げることから始まっているかもしれないけれど、自分の頭の中に形をとったときに、それは彼らにとって真実となっているようなのだ。
だから、当然罪悪感なんてない。
どんどん自分に都合のいい物語が、彼らにとっては真実になっていくのだから。

だから、罪を突きつけられて謝るのも簡単らしい。
涙を浮かべて、「自分は悪くないけれど、頭を下げてやった」と、自己憐憫に浸り、どうすれば「相手を立ててやった」形になるのかしっかり計算しながら、計算したという事実はどこかへ消えて、『責めたてられて、無理やり罪人にされた自分』が真実として残る。

どうしてこんなにまで自分に都合のいい解釈が出来るのか、理解に苦しむところだけれど、それは彼ら自身にも説明は出来ないでしょう。
自覚がないんだから。

裁判で涙流して情状酌量されたはずの人が、にっこり笑って「さあ、またやるかも」と言ったとき。
その人の瞳はまっすぐで、反らされることも伏せられることもなかった。

さて、なんで私がこんなことを書き始めたのか。
つい最近、似たような人物との付き合いをばっさり切ることになったから。
なぜこういう人たちは妙に似通っているのだろう、とつくづく考えさせられた。
見事なまでに自分に不都合なことが脳内で抹消・変換される事実。

こういう人たちに振り回されるのはまっぴらごめんだ。

※     ※     ※     ※     ※

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

ネット銀行って、私は重宝してるんだけど

皆さんはネット銀行って利用なさってますか?

私は『イーバンク』と『新生銀行』を利用しています。

別に住んでいるのが田舎で、銀行や郵便局の窓口に行くのが大変だから・・・ではありません。
それなりに使い勝手がいいから。

ネット銀行って言ったって、入金しようと思えばATMを利用しなくちゃいけないし、お金をおろそうと思っても同様です。
ただ、よその口座に振り込もうと思うときなどはかなり便利。

もちろん、最近は普通の銀行や郵便局でもネットバンキングやモバイルバンキングは進んでますから、そっちをフル活用してもいいんですけど、ネット銀行の利息の高さや手数料のことを考えると、やっぱりちょびっとだけ、ネット銀行に軍配が上がります。

イーバンクでは主にポイントサイトやアフィリエイトの収入(←年に1回あるかないかですけどね!!)を受け取るようにしています。
で、休日などにどうしても現金が必要なときに、郵便貯金のATMを利用してお金をおろします。
こうすると、郵便貯金と同様に休日のATM手数料は無料。

また、『新生銀行』は1ヶ月の利用回数に制限があるものの、他行への振込み手数料が無料になります。
なので、窓口を通しての振込み指定がないものについては、こっちの口座に入金(これも郵便局のATMで可能)してからネットで振込み手続きをします。

少しでも不必要な出費は抑えて、使うべきところにはしっかり使う。
それがいちのせのお金の使い方の理想ですから。
しっかり使う方が多すぎて、一向に預貯金は貯まりませんけどね。

で、『イーバンク』では「ゴールドラッシュプログラム」なるものを実施してるそうです。

これはお持ちのイーバンク銀行口座に、他の金融機関から振込みがあった場合、そ
の振込み回数に応じて現金をプレゼントする、というもの。
この『他の金融機関から振込みがあった場合』というのは、給料の振込みでもOKなんだそうです。

で、具体的にいうと

ランクA      25円/件     6回以上/月の振込
ランクB      20円/件     2回~5回/月の振込

ということ。

現実にはいちのせの場合、月に2回以上の振込みって滅多にないんですが(^_^;)、アンケートとかポイントサイトの換金とかをなるべく同じ時期にもってきたりすると、案外使えるかな、なんてね。

おまけに、

お持ちのイーバンク口座を「給与振込」口座にご指定いただき、実際に「給与振込」があった場合、当該口座からの「他行振込手数料」(本人名義他行口座への振込も含みます。)が5回無料になります。

もちろん、他行からの「給与振込」は、イーバンク銀行が別途実施しているゴールドラッシュプログラムの対象となり、振込件数に応じて一件あたり20~30円をプレゼントいたします。

更に、イーバンクでは「毎月おまかせ振込」という「家賃」や「会費」等、毎月きまった金額の支払いが簡単な設定で自動化できる便利なサービスがあります。

「他行振込無料(給与振込対象者)」と「毎月おまかせ振込」を組み合わせるとお得で便利です!

という特典まで。

いちのせは給料振り込みは地元銀行に指定して、そちらのポイントプログラム優待を受けたりしてますから、今のところは検討しませんが、今使ってる給料振込み指定銀行に魅力がないなぁとか感じているようなら、思い切ってこういうのを利用する価値はあるかもしれませんよ。

ちなみに『塵も積もれば山となる』とはよく言ったもので、ポイントサイトなどの100円や200円の振込みが何年も積み重なってくると、結構な金額になるものです。
これで5年に1回くらいは旅行資金に出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年8月 »