« 最近体調がちょっとやばい・・・ | トップページ | たれ捕獲! »

2008年2月13日 (水)

雪です

この季節なら当たり前のお天気なのですが。

昨日はぽかぽかの小春日和。

家中の窓を開けて、空気の入れ替えをして、洗濯やらはたきかけやらがとってもはかどったんです。

が。

一晩たって朝起きてみると、どんよりとした雲。

「弁当忘れても傘忘れるな」と言われるくらいの山陰の曇天ですが、それでも時々は雲の合間から日が射すこともあります。

今日は午前中は冷たい小雨。

昼過ぎにみぞれまじりの雪になって、3時ごろには完全に雪。

その後夕方はさあーっと日が射して爽やかな空になり、5時半に仕事を終えて外に出たら横殴りの雪・・・、と、まあ忙しいお天気ではありました。

もっともいちのせが小学生だった頃は、平野部でも根雪で何日も膝まであるような雪をまたぎながら学校に通った記憶がありますから、やっぱり雪は少なくなっているんですよね。

少なくとも、屋根からの雪ずれで事故になるようなことは、まずなくなりました。

子どもの頃は、雪道を歩く注意として、『屋根の下を歩かないこと』と教えられたもんです。

屋根からの雪ずれで、首の骨を折る事故があるということでしたから、おそらく前例があっての注意だったと思われます。

今では積雪が残ってる日にちの方がぐっと少ないんですもんね。

こんな平地でもかまくらもどきをつくって、秘密基地ごっこなんかもやってましたし、ちょっと小高くなったところ(墓地がほとんどなんですが)でミニスキーとかそりとかで遊んだりもしましたっけ。

近年まで寒冷地手当て(通称『炭代』)も出ていたようですが、さすがにこれだけ雪が少なくなると、廃止されるのは仕方ないでしょう。

もっとも、公共交通機関が限られていて、日常の足は自動車がほとんど。

車を買うときには普通のタイヤにスタッドレスタイヤも当然のように揃えて買わなくては役に立ちませんから、そういう点では支出は多いよなぁと感じますが。

最近の平野部の子どもたちは雪ダルマのつくり方も知らないみたいだし、雪合戦も新雪なら怪我をしにくいけれど、一晩たった雪では凍っていて危ないから顔をねらっちゃダメ、とかいうことも身をもって知りません。

そういう意味では、知識は多いかもしれないけど、体験という面ではものすごく貧しいのかも、と余計なお世話で考えてしまいますな。

そういえば、初冬の霜柱も見なくなって何年になるだろう。

本当に季節の境目があやふやになってしまっているような気がします。

人がもっと気合を入れて、季節を感じる努力をせねばならんのではないでしょうか。

冬には寒さに震えてコタツの暖かさに幸せを感じ、春は桜の下で毎日宴会(冗談抜きで、子どもの頃は実家の近くに桜の名所があり、花の季節には毎晩晩ご飯をどこかの宴会でご馳走になってました)、梅雨にはてるてる坊主をぶら下げて、夏は暑さにうだりながらカキ氷を食べ、お腹にバスタオルをかけて縁側でお昼寝。

朝晩は打ち水をして、浴衣を着て花火を見に行く。

秋は紅葉した葉っぱを押し葉にして、日記帳に貼り付けて。

ほんのちょっと前までは、そんな生活が当たり前だったのですよね。

いつの間に私たちは、心の中から季節を追い出してしまったのか。

節分とか、立春とか、旧の暦と節目の由来などをゆっくり心に取り込んでいきたいな、と感じるようになったのは、自分が歳をとってきたせいでしょうかね。

*****

|

« 最近体調がちょっとやばい・・・ | トップページ | たれ捕獲! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25639/40105290

この記事へのトラックバック一覧です: 雪です:

« 最近体調がちょっとやばい・・・ | トップページ | たれ捕獲! »