« 水木一郎 SUPER LIVE 60 | トップページ | 最近体調がちょっとやばい・・・ »

2008年2月 4日 (月)

いつも1位の記事が決まっているわけ

友人に質問された。

「どうしていつも『いがらしゆみこ美術館』が人気記事の1位なの?」

答えは簡単。

知っている人は知っている、『キャンディ・キャンディ』の著作権問題に端を発した泥沼な争いで、一部のサイトからリンクをはられているから。

私が初めて倉敷の「いがらしゆみこ美術館」を訪れたときには、ファンとしてはいちばん見たかった『キャンディ・キャンディ』の原画が展示されていたのです。

で、原画展示を差し止められているにもかかわらず展示を続行している証拠の一つとして私の記事にリンクがはられています。

もちろん、うちのブログはリンクフリーなので問題はありません。

が、一応そういう状況でリンクがはられているならば、現状も正確に伝えておかないと不公平だと思ったので、その後美術館を訪れた際には『キャンディ』関係の原画・グッズともすべて撤去されていたことも追記しました。

そのサイト以外からも、いまだに検索であの記事にたどりつく人も多いようです。

(意外なことにトップページの最後くらいに出るんですよね、うちの記事が)

それだけ多くの人がかかわって、何らかの検索を必要とされているってことなんでしょうね。

作者としては著作権を守ることは大切なことです。

それは理解しているつもりです。

けれど、やはりファンとしては自分たちに手の出せない次元のトラブルで作品が封印されてしまうのは感情的には納得出来ることではないでしょう。

幸い(?)なことに、私は連載当時から雑誌を読んでいましたし、コミックスも持っていますから、読みたいと思ったら読むことが出来ます。

が、アニメ作品に関してはまったくコレクションがありません。

まだビデオが高価な時代でしたし、両親の主義で自宅にはビデオがなかったのです。

当時見たアニメは頭の中に焼きついていますが、大好きな声優さんだった故・富山 敬氏演ずるテリィなどは、もう一度観たいですねぇ。

訴訟関係はすべて終わっているようですが、まだまだ泥沼は深そうです。

アニメが再放映されない理由については、原作者の水木杏子さんのサイトで、きちんと説明がなされています。

絶望的・・・なのかな。

*****

ちなみに、いちのせの記事にリンクがはられていたのは『日本マンガ学会のいがらしゆみこ擁護運動』から。

逆にこちらからもリンクをはってみました。

|

« 水木一郎 SUPER LIVE 60 | トップページ | 最近体調がちょっとやばい・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25639/17950602

この記事へのトラックバック一覧です: いつも1位の記事が決まっているわけ:

« 水木一郎 SUPER LIVE 60 | トップページ | 最近体調がちょっとやばい・・・ »