« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年8月

2008年8月24日 (日)

葉 祥明展

マイミクのよくちんが誘ってくれたので、米子市美術館に葉祥明展を見に行ってまいりました。
なんと今日が最終日。
さすがにたくさんの人で、米子市役所の駐車場はいっぱいでした。

葉祥明さんといえば、いちのせんちにも小さなイラストの額があったような気がするのですが、広い大地と広い空の中にぽつんと小さな家や人や動物が描かれているイラストが特徴的です。
小さな作品は水彩とのことでしたが、アクリル絵の具や油彩に近いような厚ぼったい塗り方なのにちょっとびっくり。
大型の作品は油彩でしたが、作品のタッチが水彩のものとあまり変わらない。
しかし、一種のワンパターンに見える絵が、決して同じものはなく、ひとつひとつていねいに、計算されつくしてそこにあるのです。

『地雷ではなく、花をください』・・・有名な絵本ですね。
ふわふわとかわいらしい絵で、でもそこには地雷で体や命を失った多くの人々がちゃんと描かれているのです。
赤ちゃんを宿したお母さんに向けられたもの、ハンディキャップを持って生まれた子どもを持つ親御さんに向けられたもの。
そこには童話ではなく現実が、けれど決して悲観することなく淡々と描かれています。

ロビーには代表的なキャラクター、『ジェイク』のぬいぐるみと記念撮影できるコーナーがもうけてありました。
長椅子に寝そべるジェイクをパチリ。
080824_ 


その後は、ちょっと時間があったので二人でカラオケへ。
本当はJOYで歌いたかったのですが、予約を入れてなかったのでDAMになっちゃいました。
うーん、ちょっと不完全燃焼。
また近いうちにJOYで雪辱を果たしましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

辺見康孝&松村多嘉代デュオリサイタル

辺見康孝さん(ヴァイオリン)と松村多嘉代さん(ハープ)のデュオリサイタルに行ってきました。

実はいちのせはヴァイオリンの辺見さんが学生さんだったころからのおっかけでしてcoldsweats01
出会いは平成6年春の「ネスカフェ ゴールドブレンドコンサート」。
わかる人にはわかる某小説にはまりきっていたいちのせは、その演目に魅かれてコンサートに足を運んだのでした。
その演目とはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、通称メンコンというやつですな。
で、当時大学生だった辺見さんはそのオケのコンサートマスターでした。

とにかくものすごく楽しそうにヴァイオリンを弾くんですよ。
そして弾くのにあわせて、体までが踊ってる・・・。
それがものすごく印象的でした。
機会があったらぜひまた演奏を聴きたいな、と思っていたら、その年の6月、倉吉のアザレアの町音楽祭でカルテットに参加するという情報が入りまして、さっそく出かけました。
このときはヴァイオリンではなくヴィオラだったのですが、そのコンサートもすごく楽しくて、クラシックには縁がなかったいちのせがクラシックコンサートに通い詰めるようになってしまったのですね。

当時の上司が辺見さんのことを知っていて、月に2回、松江の喫茶店でコンサートをやってるよ、とか教えてくれたので、マイミクのいちこちゃんと毎月のように松江に通いました。
もちろん大学関係のコンサートも。
アンテナ張ってると、意外に情報は入ってくるもんです。
そのうちいちのせがヴァイオリンを習いだして、先生からも情報が入るようになりましたし。

が、いちのせが体調を崩してヴァイオリンのお稽古に通えなくなった頃から、コンサートからも遠のいていくことになってしまいました。
コンサートに通う気力がなくなっていた時期だったんですね。
それでもたまに出かけることはあったのですが、当の辺見さんがすっかり現代音楽に没頭しちゃって、ますます気力がないと聴けなくなっちゃった。
しかも一時期海外に行ってらっしゃいましたし。
辺見さんの名前は現代音楽をよく聴く人はご存知かも。
ベルギーでCDも出してらっしゃいます。

2、3年前にアザレアの町音楽祭のソロコンサートに出かけましたが、正直言ってそのときのクラシックにはかつてのような気持ちよさを感じられなくなっていたのです。
現代音楽の影響を引きずっていたのがあるんでしょうか(いちのせは現代音楽はとっても苦手です)、ゆったりしたクラシックなのに、聴いていてもちっとも心がゆったりしない。
音がささくれだっているようにすら感じました。
これは一緒に行ったいちこちゃんも同じだったようです。
が、今日のリサイタルはすばらしかった!
最近は現代音楽はもちろんのこと、松江を拠点に活動している六子さんのバックもやったりしてぐんと幅が広がったのでしょうか。
かつての繊細で懐が深くて、弾けそうなほど楽しそうな音がホールいっぱいに広がりました。
松村さんのハープとの相性のよさがさらにヴァイオリンの音をひきたてていきます。
今日は余裕がなくていちこちゃんに声をかけておかなかったのが惜しかった!
本当に、本当にいいリサイタルだったのですよ。

1)マスネ『タイスの瞑想曲』
辺見さんの弾くレパートリーの中で、いちのせがとても好きな曲です。
クラシックに詳しくない人でも、よく耳にしている曲だと思います。

2)メンデルスゾーン(シュテックメスト編)『歌の翼によるファンタジー』
『歌の翼に』もよく耳にする曲だと思いますが、こんなふうにアレンジもされていたんですね。

3)テレマン『ファンタジー第4番ニ長調』(ヴァイオリン ソロ)
いちのせはヴァイオリンを聴くときには演奏者の左手を見つめてしまいます。
いい音楽を奏でる人の左手は、とても美しい形になるんですよ。

4)サン=サーンス『ファンタジー』

ここで前半終了。

後半は地元境港でソプラノ歌手として活動している光長真理恵さんがゲストです。
が、いちのせは光長さんの歌は単に好みとして好きではないのでコメントは省きます。

5)ドビュッシー『美しき夕べ』
6)ロジャース『サウンド・オブ・ミュージック』
7)ズィーツィンスキー『ウィーン、我が夢の街』

ここで光長さん退場。

8)サルツェド『夜の歌』(ハープ ソロ)
ハープのソロは初めて聴いたような気がします。
とても美しくて、ひきこまれる曲でした。

9)サラサーテ『ツィゴイネルワイゼン』
おなじみの名曲です。
ドラマティックでしかも情熱的。
今回のリサイタルの会場となった境港シンフォニーガーデンの杮落としに辻久子さんが来られたときにこの曲を聴きましたが、いちのせは個人的に辺見さんの演奏の方が好きです。
まだまだ本当は内側からこぼれてくる情熱が膨れ上がっている、そんな感じでした。

アンコール)
さだまさし『精霊流し』(光長さんを交えて)
モンティ『チャルダッシュ』

『チャルダッシュ』は実は辺見さんのレパートリーの中ではいちのせがいちばん好きな曲だったりします。
ピアノの伴奏はよくあるんだけど、ハープとのデュオは初めてですね。
いい感じです。
わがままを言えば、ゲストなしでデュオをしっかり聴かせていただきたかったですけどね。

ああ、またヴァイオリンにさわりたくなってきた。
ぜんぜん音を出してあげてなくて、ごめんね。
*****
*****

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

MIQueen Vol.2のお知らせ

☆ MIQueen Vol.2 ついに始動!

大好評を博したMIQ直結の大阪ライブ 『 MIQueen 』 、そのVol.2が実現!

今やアニメソングの女王と称されるMIQなれど、そのルーツはソウルにジャズ,ファンクなどブラックミュージック。
MIQの本質でありながら普段余り耳にする機会の無い、それらの曲をテーマに据えたライブ、それがMIQueen。
オトナのムードに軸足置いた時間を、美酒と共にゆったり過ごして頂ける空間にて‥
更にアニメからのMIQ曲も、オトナの雰囲気に溶け合う曲を厳選して隠し味に。
Vol.2はいよいよ2Day'Sに豪華パワーアップ。 
オトナの為のライブ,オトナのMIQを待ち望まれる皆様、今回もお見逃し無く‥

< 日程 >   '08年 11月 22日(土曜) 、23日(日曜)  2Day'S
< 会場 >   『 えでぃさんの店 』 電話:06-6362-2005
         大阪市北区西天満 4-12-22 第三青山ビル B1
         http://www2.odn.ne.jp/edee-room/osirase.htm
         ( Vol.1時と同会場です )
< 時間 >   両日共、開場 16:00  /  開演 17:30
< チケット > 前売り制  1ドリンク付き 全席 \4,000-
< お席 >  総着席スタイル。 お食事も召し上がって頂けます。
       お席には限りが御座いますので、お申し込みはなるべくお早めに。

< お申し込み方法 >  
チケットは予約・前売り制を取らせて頂いております。
① ご希望日,必要枚数,お名前,ご住所,お電話番号 の5項目をお書きになった電子メールを、事務局アドレス
『 miqueen_vol@msn.com 』 までお送り下さい。
  ( 両日共お出で頂きましても、大歓迎で御座います。 )
② 追って、具体的な入金方法を記したメールを、事務局より返信申し上げます。

< ご注意 >
・ お席には限りが御座いますので、ご希望日が既に完売している場合、ご希望に沿わせて頂けない場合が御座います。
その際はその旨のご連絡と、念の為に他の日の空き状況を返信メールにてご案内申し上げます。
・ 事務局よりのメールは全てパソコンにて発信致しますので、予約頂くお客様のメールアドレスは、必ずパソコンからの長文返信メールも読めるアドレスでお願い致します。
・ 会場等ではお申し込み・お問い合わせを受けさせて頂けませんので、必ず事務局にメールをお願い致します。

*****

いちのせに申し込まれても受付が出来ません。

必ず事務局の方へお願いします。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »