« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月28日 (土)

引田香織さん ミニライブ in 渋谷タワーレコード

友人たちのあきれ果てた顔が目に浮かぶんですがあせあせ

本日は日帰りで東京に行ってきました。

目的は↑に書いている引田香織さんのミニライブを見に行くため・・・だけ・・・です。

アニメ「少年陰陽師」のOP曲『笑顔の訳』で歌に惚れこみまして。

そのあと、なにげーに見ていた「あまつき」のED曲や「破天荒遊戯」のED曲もいい!と思ったら香織さんの歌でした。

そして、本放送からずいぶん遅くなって見た「LOVELESS」のED曲『みちゆき』でノックアウト。

いそいそとアニメイトでCDを買いあさりました。

*****

そして、先月の25日に初のアルバム「Natural」が発売になりまして、いそいそと買ったCDは全部それに収録されてしまったんですが(笑)。

発売PRイベントが全国各地で開かれまして、近いとこで大阪あたりに行きたかったんですが、なにしろアニメイトなんてない僻地ですからねぇ。

予約してもCDを引き取りに行けないし、予約してなくちゃイベント参加できないし。

で、今回のタワレコさんのミニライブは観覧自由だったんですよ。

折りよく休日の土曜日だし、行っちゃえ!!ってなわけで、東京日帰りになったわけです。

*****

CDも電話で予約して、普通なら2週間以内に引き取りに行かなくちゃいけないらしいんですが、快く取り置きをしてくださいました。

タワレコさん、ありがとうございます。

店員さんもすごく感じのいい方で、3回もレジに通っちゃいました(←なにげに散財してるし)。

朝いちばんの飛行機で飛んで、その足で渋谷に向かい、開店と同時にCDを買いに行って、サイン会の参加券をいただいて、渋谷の街で雑貨屋さん歩き。

かわいいキャンドルなどを楽しんできました。

昼過ぎにイベント会場の確認がてらタワレコさんに戻ったところ、なんと歌声が!!

ちょうどリハーサルをなさっているところでした。

香織さんの初生歌がリハ中の歌になってしまうとは(笑)。

もう思わずしっかりと見入ってしまったので、リハをすませた香織さんが声をかけてきてくれました。

オフィシャルサイトのBBSに「鳥取から行くよ」って書き込みをしていたので、さすがにインパクトが強かったらしく、しっかりお話をさせていただきました。

大学を卒業してから上京して、ちょうど1年になるとのことですが、ちっちゃくてかわいいハート達(複数ハート)
それがステージに立って歌うと大きく見えるんですから。

声は伸びのある高音。

ファルセットの入る歌い方はいちのせには出来ないんですが、声にすごく表情があって、生歌を聴いてますますファンになりましたよ。

ミニライブは4曲だけとのことで、残念ながらいちのせがファンになったきっかけの『笑顔の訳』は聴けませんでしたが、こうなったら聴けるまで通うわよ!!ってな感じです。

ラストに「あまつき」のED曲『名まえのない道』を歌ってくださったのですが、聴きながら思わず涙がぽろり。

詩や曲がいいのも確かなんですが、本当にドラマティックな歌声で、文字通り胸に染み透ったっていう感じです。

だから。

みんなにいくら呆れた顔をされようが、「行ってよかった!」って胸を張って言えますよ。

すっごく幸せな気分になって家路につきました。

そして、来週も・・・日帰りします(←小さな声で)・・・。

*****

引田香織オフィシャルウェブサイト

*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国際アニメフェア2009 & スペースカインズライブ

平成21年3月20・21日に東京国際アニメフェアに初めて行ってきました!

水木しげる記念館に勤務していたときには、事務局にポスターを送らせていただいたりしていたので、ぜひ現場を見に行きたいと思いつつ、なかなか実現できませんでした。

今は記念館の勤務を離れてしまいましたが、ようやく、出掛けることができました。

・・・と言っても、本当はまったく別のライブに行くつもりで、東京に出掛ける予定を立てていたのです。

ところが、後になってから、BS11の公開録画はあるわ、水木一郎さんの出るイベントがあるわで、メインはすっかりこの東京国際アニメフェア(TAF)に。

まずは朝10時からの『ドラゴンボール改』のイベントステージを見る予定だったのですが、なんと!入場の列が進まない!!

整理券をGETしていてくれた友人には申し訳なかったのですが、ようやく10時半近くになってから入場できて、後ろの立ち見席で見学。

これは「ドラゴンボールZ」を編集しなおして、新しく音声を入れ、主題歌も一新・・・ということで、谷本貴義さんの主題歌を聞くのが目当てでしたが、ステージには声優の野沢雅子さんと古川登志男さんが。

ああ、これだけでも十分おいしかったのに。

*****

その後は『レスキューファイアー』のイベントステージ。

ここでは主題歌を歌うJAM-Projectがお目当てです。

奥井雅美さんがいらっしゃらなかったので、男ばっかりのステージでした(笑)。

*****

あとは特設ステージを離れて、会場内のいろいろな企業のブースへ。

東映アニメーションのブースでは、先ほどのイベントステージに引き続き、「ドラゴンボール改」と「ONE PIECE」の、日曜日朝9時代に放映するアニメ2本立てのステージがおこなわれました。

ここでは思いもかけず、山口勝平さんをかぶりつきで見ることに!

うわぁ、久しぶりだぁ。

そして、こちらにも野沢雅子さんが!!

イベントステージとは比較にならないほど目の前のステージで、野沢さんの元気なお声を堪能。

そして、ここでも再び登場の谷本貴義さんと岩崎貴文さんのユニット「ドラゴンソウル」。

オープニングを歌い終わったとほぼ同時に、実は向かい側のバンダイナムコのブースで「アフレコ!」というカラオケのJOYSOUNDで遊べるゲームのイベントが始まりました。

これに出演しているのが、なんと水木一郎さんと堀江美都子さん。

司会はショッカーO野さん。

もう、後ろからがんがんくる先輩の大音声に、谷本さん、気が気でなかった様子(笑)。

いや、私たちファンも気が気じゃなかったんですけどね。

*****

谷本くんたちがエンディングを歌い終わるまで応援して、終了後はダッシュでその向かい側のブースへ!

今度はアニキとミッチのステージですよ。

ああ、なんて贅沢な。

この「アフレコ!」というシステム、文字通りアニメの名場面を選んでアフレコし、採点されるというゲームです。

これを声優さんではなく水木さんとミッチでやっちゃうんんだから、あなどれない。

実際には配信されていないアニメの場面を使っての特別ステージでしたが、「トップをねらえ!」の女の子二人の声を水木さんとミッチでやってくれたのは大受け!

水木さん、意外に女性の台詞がうまいです。

*****

会場を走り回ってちょっと疲れたところで、お昼ごはん。

そして再び東映アニメーションのブースで谷本くんたちのステージを楽しみました。

*****

そして、この日最後はBS11の公開録画で「TOKYO アニソンライブ 2009」。

出演は山野さと子ちゃん、宮内タカユキさん、堀江美都子さん、水木一郎さん。

これに途中、プリキュアの五條真由美さんも登場しました。

5月中旬にBS11で放送予定だそうです。

*****

実は今回の上京は、まだこの後の「スペースカインズライブ」を観るためだったんですが、TAF終了後にライブ会場に到着したのが、終演30分前(T_T)

初めてだっちゅーのに、最後に入場するような奴ですみませんでした、カインズの皆さま。

カインズとは、水木一郎さんのヴォーカルスクールのお弟子さんたちで結成したグループ。

アニソンに限らず、昭和の薫り高いいろいろな曲を聴かせてくださいます。

今回は「チョンマゲ・ファイト」と題して時代劇の曲特集でした。

後ろの方だったので見えなかったんですが、リーダーの貴日ワタリさん所蔵の、レアなレコードジャケットがかなりたくさん公開されていた模様。

ライブもあとで「いちばん濃いところに来たね」と言われたくらい、この日のメインの曲が詰まってた場面に間に合ったようです。

とにかく楽しい!

しっかりは覚えていなくても、頭のどこかで歌ってるんですよ。

だから、きっと見てたんだね。

そんな感動のうちに、1日目は終了。

*****

翌21日もTAFに出掛けてみました。

前日はほとんど会場内のブースをまわる暇がなかったので、ゆっくり見てまわろうと思ってた・・・んですが。

いきなり入ったところで吸い寄せられたのが「聖闘士星矢~冥界神話~」イベント!

やっぱり星矢は呼ぶらしい(笑)。

星矢とはついていても、星矢たちは出ません。

星矢の時代から150年だか昔にさかのぼったお話ということで、キャラクターも声優さんもまったく違う作品です。

ついでに言うなら、つくるのも東映さんではなくトムズ・エンターテインメント(旧東京ムービー)さんです。

ここまで新しくなっちゃうと、抵抗がなくなりますね。

いちのせは星矢に関しては初期のキャスティング派なので、青銅聖闘士のキャスティングが変わった新作についてはまったく見ていません。

いちのせの中では映画の序章で未完のまま。

新しいキャラクターなんだから、星矢の名前を使うのはどうよ?とは思いましたが、まあ、面白そうだったのでよしとします。

きっとDVDを買っちゃうんだろうなぁ。

いや、今からならブルーレイか?

*****

この後、昨日に引き続き東映アニメーションのブースで谷本くんたちのステージを見ました。

水木さんよりたくさん見てますね(笑)。

2日間で4ステージ。

でも、谷本くんは「金色のガッシュベル!!」の主題歌「君にこの声が届きますように」が好きなんですもん。

いい歌ですよね~。

*****

そして会場内をさまよっていてたどり着いたのが、NHKさんのブース。

この日は春の新番組「花咲ける青少年」のイベントでした。

NHKが「花咲け」というのにもたまげましたが、主題歌ライブのあと、声優の森川智之さんが出演されるというので、思わずステージ前待機組みの一員に。

もう、会場のあっちこっちで声優さんやら、アニソンライブやらが繰り広げられていて、とてもすべては見切れません。

そして、森川さんのステージ待ちの間に、境港の水木しげる記念館からメールが・・・!

「これから高山みなみさんたちがいらっしゃる予定なので、よろしければどうぞ」

うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

なんでいちのせが境港にいないときに!?

とりあえず、声優スキーな知り合いにメールを打って、帰ってきた返事が「高山みなみさんって、いちのせさんのスケジュールを知ってて境港に来るみたいだね(笑)」・・・ううう。

森川さんのステージをしっかり楽しませていただきましたよ。

この二日間、どれだけ声優さんやアニソン歌手の皆さんを堪能させていただいたことか。

なんだか、一生分楽しませていただいた気がします。

*****

最後にもう一度谷本くんたちのステージを見て、楽しかったTAFともお別れです。

来年も行きたいな。

そして、BSアンテナつけなくちゃ。

境港も妖怪と鬼太郎で頑張ってますし、鳥取県も「まんが王国鳥取」なんて頑張ってますが、やっぱり東京のパワーはすごい・・・と感じて帰ってきたのでありました。

でも、境港はこののんびり感がよいのだよね。

地方が東京を目指しても面白くはならないだろうなぁ。

東京から足を運んでもらえるような、鳥取らしさ、境港にしかないものをしっかり見つけて、大切にしていかなくちゃ。

*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

不思議

人間って心の調子がよくなると、こんなにも前向きになれるものかと驚いてる。

すっごく勉強したいし、上司から指示が出ても、言われたことだけをやるのが精一杯だったのが、プラスアルファを考えてる。

もちろん、今までの反動ってこともあると思う。

どこかでしっぺ返しをくらうかもしれないけど。

相変わらず朝は弱くて、ぎりぎりの時間までぐずぐず寝てはいるんだけど。

前はそのまま起きることが出来ずに休暇をもらってまた爆睡に戻っていたのが、眠くても行動は起こせるから、仕事を休むところまでいかない。

少しずつ同僚に対する負い目も感じずにすむようになってきて、そう、自信を取り戻しつつあるのかもしれない。

絶好調にならなくていいから、波に翻弄されることなくちゃんと仕事に出られることが、今の私には大切なことだから。

今日は私の大切な姪っ子から「いちのせさんの調子がいいのがとても嬉しい」とメールをもらって、あまりの嬉しさに舞い上がってしまった。

実は姪っ子も心の風邪で思春期以降苦しい思いをしてる。

それが最近は人のことも思いやれるようになって、こんなに嬉しい言葉をくれるようになった。

苦しい思いをした分だけ、人に優しくなれるっていうのは本当だね。

原因は人それぞれに違うけど、辛さは自分も知っているから。

そして、どんな言葉や想いが自分の力になったのか、わかってるから。

だから、優しくなれる。

・・・って、やっぱりこういうのって思春期に通らなくちゃいけない道だと思うんだよね、本当は。

それが30歳半ばでやってきたってのは、やっぱり自分が大人になれてなかったってことなのかな。

プチうつとつきあって7年以上。

すでに中年になってしまいましたが、中身はまだまだ青春時代みたいです。

*****

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »