« 2012年2月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

たまにはまじめな話を

みなさん、こんばんは~。いちのせけいでございます。

今日は仕事場で考え込んでしまったこと。

最近巷では生活保護の不正受給について、ずいぶん騒がれましたね。

その陰で、大半の必要だから受給している人たちが肩身の狭い思いをしているという話。

窓口にいらしゃったお客様で、この春に19歳の長男さんがめでたく就職して、生活保護が廃止になったという方がありました。

が、お母さんは体調不良で働けず、下のお子さんはまだ高校生。

本当なら就職した息子さんの扶養に入りたいところなんですが、そうなると今まで生活保護を受けていたことを会社に説明しなければならないことになる。

本人は別にこだわっていないけれど、お母さんとしてはあれだけマスコミで叩かれていたので、会社には知られない方がいいのではと気を遣い、息子さんの扶養に入らずに国民健康保険に加入されました。

扶養に入れば、保険料は息子さんのお給料から引かれるだけですみますが、別に国保に入るともちろん保険料がかかります。

今までが生活保護だったくらいですから、支出はなるべく抑えたいけれど、今の世の中の風潮が怖くて、公にしたくないという親御さんの気持ちも理解できます。

一部の不届き物のために、必要な援助が「恥ずかしいもの」とされてしまう風潮はどこかで断ち切りたいものです。

お母さんには、「19歳の若さで、自分が働いて生活保護をやめたんだと、家族を養ってるんだと、胸をはってもいいことだと思います」と私の想いを伝えました。

不正は正さなくてはいけないけれど、ほんの一部を見て全体としてしまう今のメディアの在り方には憤りをおぼえます。

そうではなくて、ではどうあればその一部の不正が正されるのか、そこまできちんと提案をしていってほしいものです。

ちなみに私は、生活保護は最低賃金×8時間労働×平日日数の支給で、そこからすべてをまかなわせる(医療などの扶助はしない)でいいんじゃないかと思ってます。

住むところがないなら、専用の公共住宅に強制的に住ませて、それ以外のところに住むなら家賃は保護費の中から支払わせる。

だって、まじめに最低賃金でフルタイム働いている人は、それで生活してるんですから。

・・・不思議なのは、家族の誰一人働いておらず、仕送りも受けていないと所得申告する若い国保加入者が意外に多いことなんですが。

時々はっきりと「親の年金で食っとる」という働き盛りの年代がいて、窓口の陰で蹴っ飛ばしたくなってるのはナイショですpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

ホームページを終了します

こんにちは。

ようこそおいでました。いちのせけいです。

本日、WiMAXが開通いたしまして、今まで利用していたADSLを解約することにいたしました。

それに伴いまして、最近はまったく更新していなかったホームページの方を終了させることにしました。

古い作品とか、もう見る人もありませんし、いざとなればデータは手元にあるのでどうとでもなりますしね。

ブログとツイッターとフェイスブック、mixiを使ってれば、ホームページの意味がほとんどなくなってまいりました。

んで、サイドバーからも順次リンクを消去しております。

あ。

放置していた掲示板も終了させました。

今後はブログとSNSでよろしくおつきあいくださいませ。

note   note   note   note   note

WiMAXの具合は、通信速度はあまり変わってない感じですが、ADSLのモデムがよくぶち切れてたのに比べて、今のところ切れることがないので大変快適です。

あとはスマホ君が気持ちよくWiMAX経由でさくさく動いてくれると嬉しいのですが。

ちょいともにょることがあります。

まあ、気長につきあっていきましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

ハンドケア

今日は職場の労働組合女性部の勉強会でした。

豪華お弁当で夕飯をいただいたあと、休暇制度についてちょっと固いお勉強。

そのあとはネイルサロンの先生を講師に、ハンドケアのお話を伺いました。

私は小学生のときからの刷り込みで、指より長く爪が伸びてると耐えられない人なので、ネイル自体には興味がないのですが、実は足の爪は夏になるとお手入れに通ってたりします。

足の爪は固いし、足の指の形にあってない生え方をしてるので、自分で切るとものすごい深爪になっちゃうことがあるんですよ。

ついでに、小指の爪は小学生の頃に石にぶつけて二股に割れた感じになっていて、しかもどこからが爪でどこからがお肉なのかわからない状態なので、プロにお手入れをお願いすると安心なのです。

職場では靴を履いてるし、家庭訪問で家に上がっても靴下をはいてますから、仕事でお会いする人がそういうのを好まない人でも気にしないでいいですし、家で素足になったときやお出かけでサンダルを履くときにはちょっと楽しくなっちゃいますから。

美容師やってる同級生も、ペディキュアをきちんとしてると褒めてくれます。

昨年はもっぱら東京に出たときにサンシャインにあるネイルショップに通ってましたが(知ってる人には絶対会わないので恥ずかしくない)、やっぱり地元の方が料金が安いですね。

今日講師に来られた先生のサロンでフットケアをお願いしようかな。

で、今日のメインのハンドケアは簡単でしかも気持ちよかった!

爪のお手入れはきっとしないけど(^_^;) マッサージとかはお風呂あがりにやるといい感じですよ。

Img_0431

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年7月 »