« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月26日 (日)

貴腐人の夏

貴腐人にとって、夏といったら!!

コミックマーケット

これにつきますな。

以前は二次創作でサークル参加してました。

その頃には、絶対に一般で行列してまでは入れん!と思ってたもんですが。

しっかり行列を避けて一般入場している自分がいます。

ここ数年で姪っ子も連れて行ったし、友人も連れて行ったし、もちろん自分一人で目一杯楽しむ年もあります。

とにかく最近は好きな作家さんの作品を読むのが楽しくて。

自分で書いてる暇なんぞありゃしません。

友人に頼まれて自分では買わなかったであろうサークルさんの本を買い、ついでに読ませてもらって幅が広がってきたのがいちばんの原因だと思うのですが。

とにかく読むのが楽しい。

ま、そうでなきゃ一般参加できませんよね。

今年の夏コミにはなんと鳥取県が自治体として初めて単独で出展。

あの企業ブースの人間洗濯機状態の中でどうするつもりだろうと思って見に行きましたが、さすがに配置が配慮されてて、入口入ってすぐの健全な展示ばかりのゾーンにブースがありました。

いちのせが見たときにはバードプリンセスの一人が一生懸命PR袋を配ってましたが、あのコスプレ盛りだくさんの中ではかすんでしまいますな。

まあ、たいていの人が通りすがりで、なかなかPR袋も受け取ってもらえなくて苦戦してた感じを受けましたが。

鳥取県Tシャツのいかにもなおじさんたちは、残念でした。

いっそスーツ着て、スーツ萌えのお嬢さんたちを悩殺してくれればよかったのに。

*****

昼間はコミケ。

夜はAJF(アニメ・ジャパン・フェス)。

1日目はアニソン女子部。

MIQさんが参加してなくて残念でしたが、テーマが「舞う」とのことで、みんなが個性的な演出で楽しませてくれました。

特に金月真美さんの朗読と、堀江美都子さんのフラ「明日がすき」は圧巻!!

そして、スマイル・プリキュアで大爆発の吉田仁美ちゃん、大好きですheart04

2日目はスーパーヒーロー魂。

この日がいちばん出演者的に豪華なんですが、いかんせん昨日のアニソン女子部のあとに徹夜で「影山ヒロノブとゆかいな仲間たち」に出演した人が多く、テンションが高い・・・というか、ナチュラルハイ?

ガンガンに燃えて歌いまくったライブでした。

3日目はスーパーアニソン魂。

いつもならガンガン系の曲で始まるんですが、なんと今回は「ルパン三世愛のテーマ」!

ルパンもアニメ開始から40周年のアニバーサリーだということで、チャーリー・コーセイさんがルパンの曲を3曲。

そのうち1曲はかなりレアな曲・・・というか、リアルタイムで見てないとありがたさがわからない曲だったかな。

いちのせの家ではルパンは視聴禁止番組でしてcoldsweats01 主に裏番組(某名作劇場ですな)を観てましたが、あの主題歌は子ども心にすごく大人っぽい歌で、どきどきしながら歌ってたのを覚えています。

あの時代の自分に、今こうしてライブで聴けるときが来るんだよ、と教えてあげたいくらい。

そして、元フィールド・オブ・ビューの浅岡雄也さん。

「DAN DAN 心魅かれてく」は、いとこの結婚式の披露宴で歌った歌です。

そのいとこの息子が、今では中学生で、いちのせと一緒に山陰でのアニソンイベントに参加してるんですよ。

・・・すごいよな、時空を超えるアニソン・・・。

この3日目は、チケットをとってくれた友人のはからいで、なんと!最前列で見られることになり、一緒に入った女三人で浴衣姿になることになりまして。

いちのせはコミケがメインの日だから、終わってからでは着付けとかの時間もとれないし・・・、としり込みしてたんですが、東京の友人がツーピースで簡単に着られる浴衣を貸してくれて、千葉の友人が下駄を持ってきてくれて、それなりに着付けをきちんとしてくれたおかげで、本当に最前列で浴衣で並ぶことになりました。

さすがにステージから丸見えですよね。

なぜか、水木さんには「このライブも15年も続いてきて・・・ねえ?」と15年を強調するときにこっちに同意を求められましたが、・・・いや、そうなんだけどね、なんでそこだけわしらに振るかなぁangry

その分、あとでMCのショッカーO野さんにはフォローしていただきましたけど(笑)

楽屋の出待ちで、今までのZEPP TOKYOの楽屋と違って、新しいダイバーシティの楽屋口は柵の向こうを遠巻きにしか見られなくなっちゃったんですが、水木さんに「来月鳥取でお待ちしてます!」と声をかけたら、「オレ、前日がジャカルタだから・・・」まで聞こえて、肝心のその後が聞こえなかったんですけど(笑)

そう。

来月2日はBIG3で「鳥取のはわい」にいらっしゃるんですが、その前日はジャカルタでお仕事なんですよ。

どうやって鳥取入りするんだろう?とみんなが首をひねってるとこなんですが、ジャカルタだから・・・のあとは「大事にしてね」だったんだろうか?

なんにせよ、無事に鳥取入りしてくださいますように。

*****

ここで夏の大山は終わるんですが、まだもう1週、AJF大阪夏の陣が待っています。

これが司会のお二人の関係でどうしても日曜の夜になるので、必ず車で行って、終わり次第車ぶっとばして帰らないと翌日の仕事に差し支えるわけです。

いやあ、ぶっとばしても安全運転を心がけてますよ。

イベントの前後の事故はいちばん嫌ですからね。

内容的には東京で堪能させていただいてるので、大阪はまったり楽しんだかな。

今年の夏ほど、友人たちの存在がありがたいと思ったことはありません。

いや、毎年更に上を行くありがたさになっているのか。

今やどこのイベントに行っても、知ってる人に必ず会うので気遅れもしないし、得をさせてもらってることもいっぱいあるし。

いつもイベントで声をかけてくれる皆さん、本当にありがとう。

これからも付き合っていきたい友人でいられるようにがんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »