« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年9月

2012年9月15日 (土)

【アニソンライブ漂流記】食のみやことっとりフェスタ MIQライブ

こんにちは。いちのせけいでございます。

珍しく連日の更新でございますわ。

前回の記事、影山ヒロノブさんのソロアコギから一晩。

翌日の9月2日(日)。

この日は二つのライブをかけもちです。

まずは倉吉市で開かれている「食のみやことっとりフェスタ」。

ここでMIQさんがライブをするというのがわかったのが、新聞に折り込まれていた広告。

事務所の公式より情報が早いというべきか、情報が流れてくるのが遅すぎというべきなのか、ちょいとビミョーなところではありますが。

まあ、広告などが出てますと、いちのせが気が付かなくてもまわりから情報がまわってきますから、ありがたいんですけどね。

で、1回目のライブが11時からだというので、逆算して出発は米子を9時。

あちこちで待ち合わせをして、総勢5名でいちのせの車に乗り込んで出かけました。

ごめんね、車狭くて。

会場は倉吉未来中心に隣接したところで、駐車場もとりあえずOK。

食のみやこフェスというだけあって、特に県中部のおいしいものがみんな屋台になって出展してます。

11時からのMIQさんのライブはステージ前に屋根があったのでほっとして前の席を陣取り、知り合いがほとんどいないことをいいことにめいっぱい応援!

わずか40分のライブで、すっかりお腹がすきましたよ。

いつものことながらセットリストは覚えてないのでアップできませんが、ダンバインに始まって、途中アニソンメドレーやら昭和歌謡も織り交ぜて、けっこうお父さんお母さん世代も喜んでいたかと。

2回目のライブまで時間があったので、自由解散にして会場内で昼食。

いちのせは東伯和牛の串焼きといただきを食べました。

いただき・・・ののこ飯ともいいますが、弓浜半島では農作業時期のお弁当としてよく食べられるものです。

あぶらげに具だくさんの米を詰めて、煮汁で炊き上げたご飯。

糖質制限中といえ、子どもの頃からよく食べてた故郷の味なので大好きなんですが、残念、今どき風に調理方法を変えているらしく、あんまりいい出来のものではありませんでした。

東伯牛の串焼きは美味しかった。

ステーキは1,000円で出てましたが、そっちでもよかったなぁ。

とにかく焼くときの脂の香りが無茶苦茶食欲をそそるのですわ。

しっかり食べて満足したところで、またステージ前に集合。

2回目はメドレーなどの曲目を変えていましたね。

やはりアニソンは知らなくても乗りのいい曲が多いので、盛り上がります。

サキューンの振り付けを覚えて、地元のステージではお手伝いできるようになるといいなあ。

しかし、ステージの上から名指しでするのは勘弁してください、MIQ姐さんsweat01

大満足のステージの後は、またまた移動して次のライブです!

はしごするほどイベントが多いのは、まんが博の恩恵ですな。

ここでも実はちょいと濃い展開があったのですが、これもナ・イ・ショbleah

それでは、また近いうちにこの続きはアップします~。

ばいばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

【アニソンライブ漂流記】影山ヒロノブ ソロアコギの旅 in 米子

こんにちは。

ご無沙汰しております。いちのせけいです。

9月に入ってから無茶苦茶濃い週末を送っているためか、ブログをアップするどころか、自宅のPCを立ち上げることすらしておりませんsweat01

まずはその濃い週末の第一弾。

影山ヒロノブさんのソロアコギの旅です。

ときは9月2日(土)。

もともと翌日の3日に湯梨浜町(鳥取のはわいだでぇ~)でアニソンBIG3が予定されていたのですが、それに合わせて東京から来ることになっていた友人から「前日に米子でソロアコギが」と情報が入りました。

彼女は影山さんのファンクラブに入っているので、ファンクラブ優先枠でチケットの予約をお願いしました。

そのかわりにといってはなんですが、とにかく車がないと動きがとれない田舎ですので、時間が許す限りでアッシーを。

まずは空港まで彼女を迎えに出たところ、まさかといいますか、やはりといいますか、影山さん御一行様も同じ便で米子入り。

おお、いるいる、と覗いていたら、目の前を見たことのあるお顔が・・・。

なんとタケカワユキヒデさんも乗っていらっしゃいました。

出演イベント情報がなかったのですが、何かの収録だったんでしょうかね?

ってか、周りの人は気が付いていないのか、興味がないのか・・・?

AJFで何回かお顔を見てるので気が付いたんでしょうか>自分。

同じく影山さんにも誰も注意を払う様子はなく。

本当に誰も気が付いていないのかsign02

せっかくなので、ここはミーハー丸出しにして声をかけてみました。

そうしたらちょっとびっくりしたような顔の後で、目一杯の笑顔になり握手してくださいましたよhappy01

友人と一緒にご飯を食べて、午後の用事をすませてから、夕方米子のライブ会場に向かいました。

場所は昔からある建物をリニューアルした小さなライブハウスで、いちのせも初めて入りました。

Hasta Latina

半分はファンクラブ枠だったようですが、おかげさまでSOLD OUT!

影山さんは浴衣で登場!

いや、涼しくてよさそうだけどなcoldsweats01

ソロアコギですから、基本的にアコースティックギター1本なんですが、ギターひとつで十分豊かな音になるんですね。

普段バンドやカラオケでの歌を聴き慣れているので、ギターだけだと音が寂しいのかと思ってたんですが、バラードもよし、ガンガンのアニソンもよし!

MCの合間に歌が入るよ、と最初に宣言されてたとおりよく話もされましたが、なにしろ米子というと影山さんには因縁が・・・sweat01

10年以上前になりますが(資料が見つからない)、県が主催した「環日本海漫画フェスティバル」のゲストとして米子に影山さんがいらっしゃったときには、夏休みとはいえ平日の昼間だったこともあり、お客さんが少なかったうえに、今のようにケーブルとかCSとかで新番組を見ることができなかったので、影山さんの歌を知っている子供がほとんどいなかった・・・らしい・・・sweat02

昨年の1月にイオンのイベントでいらっしゃったときに、このときのことを覚えてらして、びっくりするやら、申し訳ないやら。

あれだけ世界中まわってる影山さんが覚えてるんですよ。

かなり根に持っていたに違いない。

が、時は流れ、田舎モンも成長するんです。

今ではアニソンファンも増え、ライブも大盛り上がり。

小さなライブハウスなので、客席とサシで会話できるのが楽しいね!

米子空港の荷物コンベアに大きな目玉親父のディスプレイが出てくる話とか、ステージに置いてあるドリンクも目玉親父ボトルだったりとか、影山さんもずいぶん面白がってくれた模様。

米子でこんなライブが聴けるようになったんですから、本当にいい時代になったもんです。

いろいろなアーティストが来てくれるといいなぁ。

実はこの後にも濃ゆ~い展開が待っていたのですが、それはヒ・ミ・ツbleahです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年12月 »