« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月17日 (日)

半世紀

本日50回目の誕生日を迎えました。

他人が50歳とかいうとものすごい年寄りだと思ってたんですが、いざ自分がなってみると「まだガキじゃん」と思います。

親にもなってないし、親の介護の苦労もしてないからでしょうかね。

でも確実に50年の歳月は刻んだんですね。

今日からまた一日づつ大切に刻んでいかねばと思います。

ブログ「いちのせけいの積ン読・乱読日記」を更新しました。

http://greenpress.cocolog-nifty.com/book/2013/11/post-3c53.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月12日 (火)

腐女子四人のアヤシイ!?旅

ばんなりました~。

またまた更新をさぼっていたいちのせです。

週末に四国へ遊びに行ってまいりました。

半世紀近く生きてきますと、日本の文化に親しみたいわ~!と思うことが多くなりまして。

腐女子仲間と意見が合ったので、まず第一弾として金毘羅さんに参ろう!ということになりまして。

幸い友人の自宅が金毘羅さんに近かったので、ありがたくお宿をお借りしまして、目一杯四国を満喫してまいりました。

まず金曜の仕事が終わってから車で四国へ。

高速万歳!

約3時間で四国に行ける世の中になりました。

その日は寝るだけ。

翌朝は勤務に出る日より早起きして、まず金毘羅さんへ。

Img_2105
行くぜ! お~!!

金毘羅さんに行く、と言ったら声をそろえて「石段が大変だぞ~」と脅されたので(笑)かなり覚悟してのぼったのですが、正直言ってそれほどしんどくはなかったよ?

意外にスタミナあるのか?私。

Img_2106

お参りするといっても、最近はあんまり「お願い」はしませんね。

「今日を迎えさせていただいて、ありがとうございます」って感じかな?

Img_2109
そして、アヤシイ旅はいきなり始まりました。

お参りをすませ、本殿の横の渡り廊下を進むおじさんたちを眺めていたときのこと。

おじいさんといきなり目が合ってしまいました。

「あんたたち、観光客は肝心なところを見ないから、ここを見なきゃ」と渡り廊下をくぐった奥に手招きされまして。

行ってみるとそこには立派な細工が!

「観光客はここを見ないけど、これを見なくちゃもったいないよ」とおじいさんは撮影スポットまで懇切丁寧に教えてくれました。

観光客は他にもいっぱいいたのに、なんで私たち?

声かけてオーラ(じいさま専用)が発動してたのか!?

でも、いいもの見せてもらいました。

言われなくちゃ気が付かなかったもん。

そのあとおみくじをひきまして、いちのせは「吉」。

Img_2113
おみくじ売り場にはなぜか「お父さん」が・・・(違う・・・)

Img_2112_2 
金毘羅さんは船の安全を守ってくれるということで、船関係の奉納が多いのですが、その中で妙に気に入ってしまったもの。

暗いので目一杯手振れしてますが、上の方に小槌の絵が描いてあります。

このイラストがそのまんまゆるキャラになりそうな感じで(笑)

そう思いません?

Img_2115
Img_2116
お参りのあとの楽しみはもちろん門前町!

お土産屋さんを覗くのって楽しいですよね~。

そして四国を代表する観光地だけあって、四国全土のお土産が一通り楽しめるのも魅力。

朝早めに出てきたので、人が少ないうちにゆっくり楽しむことができました。

そして昼食は讃岐うどん!

131109_130814_2
シンプルに(?)肉うどんです。

ビニールハウスを改造した店舗のお店なのですが、地元の人がおいしいとお勧めのお店だそうです。

『岸井うどん』→http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000177/

お肉にしっかり味がついてたので、おしょうゆはあんまり必要なかったですね。

最近は糖質制限をしてるのでほとんどうどんは食べてませんが、食べるならコシのあるうどんが大好きなので讃岐うどんはまさに好み。

しかも並盛なのにこのボリューム。

大食漢のいちのせがお腹いっぱいになりましたよ。

そのあとは『乃木館』へ。

Img_2121
陸上自衛隊善通寺駐屯地の中にあります。

旧陸軍第11師団初代師団長の乃木将軍の資料館が公開されています。

見学時間 9:00~12:00 13:00~16:00

電話 0877-62-2311(内線2321)

休館 水曜日及び年末年始

年齢もばらばら、会話の端々にパンピーならざる単語が入りまじり、妙に薀蓄をたれてたりする4人組はいかにもアヤシかったのでしょうか。

他の見学客はフリーなのに、わしらにだけは最初から最後まで担当者が張り付いてました(笑)

しかも最初は若いお兄ちゃんでしたが、後半は広報の腕章をつけたきれいなお姉さん。

ここでメンバーの一人から「どうして自衛隊に入ったんですか」なんて質問まで飛ばす。

お姉さんたじたじでした。

すみません、アヤシイ女たちで。丁寧にお話してくださってありがとうございました。

なんとこの乃木館で2時間も費やしたわしら。

今日のメインは金毘羅さんじゃなかったのかい!?

おまけに帰りは敷地の中に展示してあるヘリやら戦車やらの写真を撮りまくっておりました。

Img_2132

ほんとうにアヤシイわ(大笑) 漫画家でもあるまいに。

最後に巨大な寛永通宝の砂絵と夕日を眺めて今日のドライブは終了。

Img_2137
Img_2138 
Img_2139

夕食はガイドブックにも載っていない、大変おいしい居酒屋さんへ連れて行ってもらいました。

『雪・月・花』→http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370303/37004091/

普通の住宅を改造した店舗ですが、ものすごくアットホームで、しかもお料理とお酒にこだわりあり!

ゆっくりと会話を楽しみながらおいしいお酒とお料理がいただけます。

いちのせのお勧めはじゃがりこサラダ!

騙されたと思って食べてみて。無茶苦茶おいしくて感動しました。

その時の食材によってメニューが変わるので、お店の方とのコミュニケーションをしっかりね。

さて、翌日は日曜日だったので高知の日曜市へ出かけました。

季節がら、新生姜が安くてたくさん出てましたね。

いちのせは米子から高知まで開通した年(1992年だそうな)におばばを連れて桂浜に行ったとき以来の日曜市。

でも大きな変化はないのね?ああ、こんな感じだったなって。

昼食は鯨が食べたかったのでひろめ市場で。

うーん、ここはいかにも観光客向けだった・・・。

本当は酔鯨亭に行きたかったんですが、日曜日は定休日だそうで(T_T)

土曜日に大酒飲んで日曜日は二日酔いで休みなのか・・・?

午後はアンパンマンミュージアムへ。

『アンパンマンミュージアム』→http://www.anpanman-museum.net/

水木しげる記念館に勤務中には密かに対抗意識を燃やしていた施設なのですが(笑)、ようやく来ることができました。

Img_2150
とにかく広い!

ゆったりした敷地に、ゆとりのある建物配置。

こういうのはうらやましいですね。

しかも、小さなイベントホールまで!

今の水木しげる記念館とロードに足りないものがまさにこのイベントホールですよ。

屋外ではどうしても天候に左右されますし、講演会などの催しはできません。

現在は公民館(学習等供用施設)を使ってますが、もともとそういう使い方を想定してないので使いづらい。

そして、アンパンマンミュージアムのほかに「詩とメルヘン美術館」もありますから、年齢に応じてゆっくり好きな世界を楽しむことができます。

ここもアンパンマンのアニメも含めた展示がなされているのですが、これも水木では弱いところです。

水木ではアニメはアニメ制作会社にすべてまかせたものとして、水木作品とは一線を引くんですよ。

が、ファンはどちらかといえば水木先生の原作ではなくアニメで鬼太郎や悪魔くんを知ってるわけで、お客さんの要望もアニメに関する展示やイベントを求めるものが多いのが事実ですが、それにはほとんど答えることができません。

そのあたりを個人的にイベントをたくらんでフォローしたいな、と思っているんですが。

記念館のスタッフへのお土産にアンパンマンクッキーを買いました(^^)v

さて、楽しかった四国のアヤシイ旅もそろそろお開き。

ちなみに高知へ向かう車の中では、竹田恒泰さんの古事記解説のDVDを聴いてました。

日本って楽しいなあ・・・。

夕食はこれまた地元民お勧めの洋食屋さんでハンバーグドリアを。

そのうえお米やら野菜やらおまんじゅうやらをいっぱいお土産に持たせていただきました。

四国にはまだまだ行きたいところがたくさん!

また腐女子旅します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »