« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月17日 (土)

20年前のあの日

今日は阪神・淡路大震災から20年ということで、ニュースなどでもその話題が多かったですね。

震災の3日前。

いちのせは宝塚にいました。

手塚治虫記念館に向かっていました。

翌日は大阪で同人誌の即売会。

その夕方には家路についたのでした。

前日は振り替え休日だったはず。

そして、17日の早朝。

神戸から遥かに離れたいちのせの地元でも震度4。

ベッドの上で転がされる感覚で目が覚めました。

すぐにテレビをつけると、ニュースでは現地の記者が電話で「阪神高速が倒れています」と興奮気味にしゃべっていたのですが、「高速が倒れてる・・・?」といまひとつ実感がなかったのです。

そのあと。

数時間が経過してようやくテレビ映像で神戸の街が映ったとき。

誰もが絶句したと思います。

本当に阪神高速が「倒れて」いました。

さらに時間がたって、停電していた電気が復旧してからがまた大変なことになりました。

切れた電線や破損した機器に通電した結果、火災が起きたのです。

それまでほぼ月に1回は出かけていた神戸の街が燃えてました。

当時出していた同人誌をよく読んでくれていたお嬢さんが長田区に住んでいらっしゃいました。

地震の直後はもちろん、火事がおさまってからも彼女の安否が気になりながらも怖くて連絡をとることができませんでした。

恐る恐る電話をかけたのは地震から1か月もたった頃だったでしょうか。

幸いにも彼女は家も家族も無事でした。

あの震災で知り合いを失うことはありませんでした。

でも、ほんの少し地震のタイミングがずれていたら。

私もあの真っ只中に放り出されていたのかもしれないんですよね。

今一度、

震災で亡くなったかたのご冥福をお祈りいたします。

今なお苦しんでいらっしゃる方も少なくないと思います。

私たちには何ができるでしょうか。

少なくとも精一杯幸せに生きておくことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月16日 (金)

【訃報】大塚周夫さん

またひとり、

慣れ親しんだ声が天に召されました。

大塚周夫さん。

いちのせにとってはやはり「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男でしょうか。

そして「バビル2世」のヨミ。

人は必ず歳をとっていくものだから。

そして不死身ではないのだから。

いつかは必ず別れがくるのだけれども。

画面から聞こえてくる声はいつも元気で。

だから別れが来ることを想像していなくて。

すばらしいキャラクターたちの声を

ありがとうございました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

「暁のヨナ」1・2・3/草薙みずほ/花とゆめコミックス

アニメ化に合わせて、期間限定でキンドル版が無料配信されてたので試し読み。

これがいちのせ的には大変好みでございました。

大陸的・セキゾチックな設定のファンタジー世界。

少女マンガとしては王道ですがな。

なので、改めて紙の本で購入。

いや、電子版もいいんですが、やはりアナログな人間なので、本は紙だと安心すると言いますか。

一度にまとめ読みするのももったいない気分なので、本屋さんに行くたびに1冊ずつ購入してじっくり読んでいきますよ。

楽しみだなあ。

個人的にはイル陛下が好きでした。

ああいう懐の深いおっさんはいいなあ。

そういう意味では風の部族の長老ムンドクも好みだわあ。

ってか、そうでもないとみんな年下ですもん・・・(T_T)

気持ちはまだ思春期なんだがな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

水木一郎バースデイライブ2015~愛と哀のヒーローソング~

2015年1月12日
会場:大手町よみうりホール

アニメ歌手、水木一郎さんのバースデイライブに行ってきました。

水木さんのお誕生日は1月7日。
今年で67歳になられたそうです。 見えないけどね。

私が水木さんの名前を知ったのは中学2年生のとき。
「超電磁マシーンボルテスV」というロボットアニメのエンディング曲「父をもとめて」でした。

いちのせが住んでいる地方では、最初エンディング曲はカットされていたのです。
それがある日突然放送されるようになりまして。

初めて聴いたその場で「ひと聴き惚れ」。
もうむっちゃこの歌好きだわ~!!ってなわけで、毎週テレビの前でエンディングを待つというある意味けしからん状態(笑)。
で、毎週目をこらして画面を睨み、曲のタイトルと水木一郎という名前を読み取ったのですな。

ここから私のアニソンヲタクライフが始まります。

もともとアニソンは大好きでした。

でも幼いころは人並に歌謡曲とかも好きでした。
好きな歌手は麻丘めぐみさん。
自分のお小遣いで買った最初のレコードは「芽生え」だったかしら。

翌年。 アニメ雑誌「アニメージュ」が創刊されました。
この創刊号で水木一郎さんの写真を初めて見ます。
そして楽曲一覧を見て、好きだったアニメの主題歌の多くが水木さんの歌だったことも知ります。
同じ雑誌にファンクラブの案内も載っていて、早速入会をした中学3年生(←受験生・・・)。

進学した高校では水木ファンの友人もできました。
そのうえ、なんと地元放送局が春休みの子供向けイベントで、ゲストに水木さんを呼んでくれるという!!
必死に入場券を手に入れて、観に行きましたよ!

もう嬉しくて嬉しくて。
なにしろ田舎のこと。
こういう生のステージを観る機会なんて本当に少なくて。
なので、高校を卒業したら関西の親戚の家に泊まらせてもらって、当時毎年アニソン歌手のステージを開催していた太秦映画村に行く計画を立て、初めて一人旅もしました。
映画村でファンクラブの皆さんに初めてお目にかかって、今でも仲良くしていただいています。

それから40年弱。

おひとりさまの社会人となり、お財布的に少し余裕ができたので、かなり頻繁にライブを観に出かけています。
水木さんのライブも本当にたくさんみせていただいてます。
そんな中の久々のバースデイライブ。

今回はいつものがんがん歌う曲から離れて、「愛」と「哀」をテーマとしたバラード中心のセットリストでした。
私のチキン頭ではセトリなんぞ覚えられんので、どこかにアップされてないかな~と探してみましたが、さすがに見つけられませんでした。
残念。

レアな曲も歌ってくれたので、最近涙腺のゆるい私はもう最初から最後まで涙ダダ漏れ。
「バビル二世」のイメージソング「戦士ひとり」とか、スパロボ以降にファンになった人なんかは初めて聴いた!という人も多かったはず。
「エロイカより愛をこめて」のイメージソング「ロマンティック・アゲイン」はファンクラブあげてラジオでリクエストしまくって、私も必死で葉書を書きましたもん。

水木さんがライブの最初におっしゃいました。
「今日は愛と哀を歌います。しっかり歌詞を聴いてください」

アニソンの歌詞はストレートです。
愛とか勇気とか希望とかを語りかけます。
そして水木さんたちはそれを美しい日本語で歌いあげます。

最近のアニソンは主題歌というより作品のタイアップ曲として歌自体を独立した作品として扱いますから、歌詞が聞き取れないとか意味をなしていないなんていうのはざら。
フィーリング主体なんでしょうかね?

水木さんたちが中心になって歌ってきた昭和のアニソンは作品の主題歌ですから、曲を聴けばたいていどんな作品なのかわかります。
そしてその歌詞に込められたメッセージを感じ取らずにはいられません。

イントロを聴けば自然に歌を口ずさみ、うろ覚えでも意外に歌詞は出てきます。
DNAとまではいかないけれど、自分の中に確かに刷り込まれているものです。

しかも、最近はビジュアル重視で口パクでライブするアーティストも少なくない中、本当の肉声です。
息遣いまで聞き取れるナマの歌です。
この表現力の豊かさはライブを体験してみないことにはわかりません。
自分の文章能力の無さに地団太踏む思いです。

だから私は田舎でもライブを聴く機会をつくりたい。

私は身軽なうえに環境にも恵まれているから自分で出かけることができるけれど、それはどちらかといえば少数派。
大半の人はそんな機会には恵まれない。

私が今まで好きなことをさせてもらった恩返しに、ホンモノをデリバリーしたい。
去年あたりからそういう気持ちが強くなりました。

本業に支障をきたすようなことはできないから、今すぐというわけにはいきません。

だけど3年、時間をください。
必ず実現させるから。

アニソンとか、声優さんによるドラマリーディングとか。
都会では珍しくないけれど。 田舎ではとても貴重な体験となります。

楽しもうよ。
そして憧れたなら挑戦してみるのもいいんじゃない?

そんなきっかけの仕掛け人になりたいなあ・・・。

↓ってなわけで、水木一郎さんのCDを紹介してみますね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

2014年12月に読んだ本のまとめ

今年最初の積ン読・乱読日記は先月のまとめです。

今年はなるべくていねいに本を読んで、きちんと読書日記がまとめられるようにしたいなあ。

2014年12月の読書メーター
読んだ本の数:33冊
読んだページ数:6571ページ
ナイス数:22ナイス

愛しているにもほどがある  (二見シャレード文庫 な 2-9)愛しているにもほどがある  (二見シャレード文庫 な 2-9)
読了日:12月4日 著者:中原一也
碧のかたみ (Holly NOVELS)碧のかたみ (Holly NOVELS)
読了日:12月4日 著者:尾上与一
愛されすぎだというけれど (二見書房 シャレード文庫 な 2-12)愛されすぎだというけれど (二見書房 シャレード文庫 な 2-12)
読了日:12月4日 著者:中原一也
愛だというには切なくて (二見シャレード文庫)愛だというには切なくて (二見シャレード文庫)
読了日:12月4日 著者:中原一也
愛に終わりはないけれど (二見書房 シャレード文庫)愛に終わりはないけれど (二見書房 シャレード文庫)
読了日:12月4日 著者:中原一也
夜明けには好きと言って (幻冬舎ルチル文庫)夜明けには好きと言って (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:12月4日 著者:砂原糖子
真白のはつ恋  子狐、嫁に行く (幻冬舎ルチル文庫)真白のはつ恋  子狐、嫁に行く (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:12月4日 著者:秋山みち花
犬神と内緒の六日間 (白泉社花丸文庫)犬神と内緒の六日間 (白泉社花丸文庫)
読了日:12月6日 著者:月東湊
愛してないと云ってくれ (シャレード文庫)愛してないと云ってくれ (シャレード文庫)
読了日:12月7日 著者:中原一也
愛とは与えるものだから (二見書房 シャレード文庫)愛とは与えるものだから (二見書房 シャレード文庫)感想
友人の感想を見て読んでみた。なんていうかね、金銭的な豊かさではなく、人としての心の豊かさはどこにあるのかを考えさせられる作品でした。坂下先生の実家でのエピソードが胸に痛かったな。そうだよね、家族ってなんなんだろうと考えると。不思議な絆だと思います。
読了日:12月7日 著者:中原一也
黒子のバスケ 30 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 30 (ジャンプコミックス)感想
完結。まだまだ人気がある状態で連載終了するのはジャンプとしては結構珍しいのではないかな。いろいろな事件がありましたが、まずはそれに負けずに作品に取り組まれた作者にお疲れ様を言いたいと思います。30巻かけて内容的にはたった1年間のことなんですね。人の長い人生の中でこんな濃い1年間をおくれるのは幸せ・・・なんだろうなあ。しんどいけど。表紙のテツくんの笑顔が素敵でした。
読了日:12月7日 著者:藤巻忠俊
恋するクラゲ (SHYノベルス)恋するクラゲ (SHYノベルス)感想
ほのぼのしてて好みなお話でした。
読了日:12月8日 著者:かわい有美子
八犬伝   ‐東方八犬異聞‐ 第1巻   (あすかコミックスCL-DX)八犬伝   ‐東方八犬異聞‐ 第1巻   (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月8日 著者:あべ美幸
八犬伝   ‐東方八犬異聞‐ 第2巻   (あすかコミックスCL-DX)八犬伝   ‐東方八犬異聞‐ 第2巻   (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月8日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第3巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月8日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第4巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月9日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第5巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第5巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月9日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第6巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第6巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月9日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第7巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第7巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月9日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第8巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第8巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月9日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第9巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第9巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月9日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第10巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第10巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月10日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第11巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月10日 著者:あべ美幸
八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第12巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝  ‐東方八犬異聞‐ 第12巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月10日 著者:あべ美幸
八犬伝    ‐東方八犬異聞‐ 第13巻 (あすかコミックスCL-DX)八犬伝    ‐東方八犬異聞‐ 第13巻 (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月10日 著者:あべ美幸
八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ (14) (あすかコミックスCL-DX)八犬伝 ‐東方八犬異聞‐ (14) (あすかコミックスCL-DX)
読了日:12月11日 著者:あべ美幸
弱虫ペダル(37)(少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル(37)(少年チャンピオン・コミックス)
読了日:12月14日 著者:渡辺航
狗神さまは愛妻家 (幻冬舎ルチル文庫)狗神さまは愛妻家 (幻冬舎ルチル文庫)
読了日:12月14日 著者:雨月夜道
弱虫ペダル SPARE BIKE(1)(少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル SPARE BIKE(1)(少年チャンピオン・コミックス)
読了日:12月14日 著者:渡辺航
7SEEDS 28 (フラワーコミックスアルファ)7SEEDS 28 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:12月14日 著者:田村由美
全寮制男子校のお約束事 (ディアプラス文庫)全寮制男子校のお約束事 (ディアプラス文庫)
読了日:12月17日 著者:砂原糖子
DVD付き 進撃の巨人(16)限定版 (講談社キャラクターズA)DVD付き 進撃の巨人(16)限定版 (講談社キャラクターズA)
読了日:12月18日 著者:諫山創
暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)暁のヨナ 1 (花とゆめCOMICS)
読了日:12月25日 著者:草凪みずほ

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 2日 (金)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくおねがい申し上げます。

Dsc_0260

皆さまはどのような新年をお迎えですか?

いちのせはここ数年年末年始は自宅を離れて迎えております。

東京だったり名古屋だったり。

ほとんどがコミケとアニソンライブの関係ですね。

今回は28日からコミケでしたので、上京しておりました。

いちばんの目的の創作JUNEが今回は初日でしたので、東京に着いてすぐにホテル荷物を預けて会場へ。

初日からずっしりと重い戦果に幸せを感じつつ、知り合いに挨拶まわりもすませ、夜はお友達が声をかけてくれて一緒に夕食。

飲むのも食べるのも楽しいけど、気兼ねなくしゃべれるのがとにかく楽しくて、あっというまに3時間以上(笑)

ほろ酔いでホテルに入り寝落ち。

2日目の29日。

コミケでのお買い物は早々に終了して、ここでは東京に就職した同級生の娘さんで、アニカラ仲間のⅠちゃんとランチ。

お仕事は大変そうだけど、楽しそうだったので嬉しかった。

この日の夜は知り合いから声をかけていただいて某所の忘年会。

3日目の30日。

この日はコミケに行く予定はなかったのですが、サイキックラバーのYOFFYさんがCDを販売するとのことで急遽参加。

無事CDをゲットしました。

久々に会うライブ仲間のVちゃんとランチして、

夜はZ旗の納会!

前から2列目のど真ん中の席で、Z旗ファンの方、ごめんなさい状態でしたが、ものすごく楽しいライブでした。

かっこよかった~。

4日目の31日。

コミケも終わったし、今年はアニソン関係のカウントダウンライブも大きなものがなかったので、本当は何も予定がなかったんですが。

ヴォーカルレッスンを受けてた先生からお声がかかりまして、友人たちも一緒にランチに。

そのまま夜は銀座ケントスのカウントダウンライブへ。

Dsc_0276

ここではZ旗のあくざわさんが演奏なさってるんですよ。

カウントダウンということで、いつもだとオールディーズなんですが本日は昭和歌謡!

楽しい、楽しい!!

5日目の元旦。

山陰は大雪の予報が出てたので覚悟はしてましたが、本当に雪で飛行機が欠航しちゃったので、急遽JRで帰宅することに。

そうしたら中継地の岡山の友人が声をかけてくれて、岡山で夕食。

新しくできたイオンモールもちょいとチェックして、雪の山陰へと帰り着きました。

Dsc_0279

こうして振り返ってみたら、ずーっと誰かに誘ってもらって楽しい食事ばかりでした。

ありがたいことですよね。

自力で東京に行き始めた頃は、知り合いがほとんどいなくてホテルでコンビニのお惣菜を一人で食べてることが多かったのですが、最近は本当に一人飯をしなくなりました。

声をかけてくださる皆さん、本当にありがとうございます。

おまけに移動中もずっとネットで皆さんが心配してくれて、帰れないときの宿まで確保できてる状況でしたので、ものすごく心強かったです。

ヲタク三昧な年末年始ですが、好き勝手を許してくれてる家族にも感謝。

受け入れてくれる友人たちにも感謝。

好き勝手なことができる平和な日本という国にも感謝。

今年もヲタク三昧でまいります。

少し企画する側にもまわりたいと思っています。

私は好き勝手動けるけど、山陰から動きたくても動けない人たちに、ホンモノを届けることができればなあ、と常々思っています。

力になるよ、と言ってくださる方もあちこちにできたので、本腰を入れてみたいなと。

もちろん本業がありますので、そちらに支障がない範囲でということにはなりますが。

ヲタクだけどリア充するよ!

というわけで、今年もよろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »