« 2014年12月に読んだ本のまとめ | トップページ | 「暁のヨナ」1・2・3/草薙みずほ/花とゆめコミックス »

2015年1月14日 (水)

水木一郎バースデイライブ2015~愛と哀のヒーローソング~

2015年1月12日
会場:大手町よみうりホール

アニメ歌手、水木一郎さんのバースデイライブに行ってきました。

水木さんのお誕生日は1月7日。
今年で67歳になられたそうです。 見えないけどね。

私が水木さんの名前を知ったのは中学2年生のとき。
「超電磁マシーンボルテスV」というロボットアニメのエンディング曲「父をもとめて」でした。

いちのせが住んでいる地方では、最初エンディング曲はカットされていたのです。
それがある日突然放送されるようになりまして。

初めて聴いたその場で「ひと聴き惚れ」。
もうむっちゃこの歌好きだわ~!!ってなわけで、毎週テレビの前でエンディングを待つというある意味けしからん状態(笑)。
で、毎週目をこらして画面を睨み、曲のタイトルと水木一郎という名前を読み取ったのですな。

ここから私のアニソンヲタクライフが始まります。

もともとアニソンは大好きでした。

でも幼いころは人並に歌謡曲とかも好きでした。
好きな歌手は麻丘めぐみさん。
自分のお小遣いで買った最初のレコードは「芽生え」だったかしら。

翌年。 アニメ雑誌「アニメージュ」が創刊されました。
この創刊号で水木一郎さんの写真を初めて見ます。
そして楽曲一覧を見て、好きだったアニメの主題歌の多くが水木さんの歌だったことも知ります。
同じ雑誌にファンクラブの案内も載っていて、早速入会をした中学3年生(←受験生・・・)。

進学した高校では水木ファンの友人もできました。
そのうえ、なんと地元放送局が春休みの子供向けイベントで、ゲストに水木さんを呼んでくれるという!!
必死に入場券を手に入れて、観に行きましたよ!

もう嬉しくて嬉しくて。
なにしろ田舎のこと。
こういう生のステージを観る機会なんて本当に少なくて。
なので、高校を卒業したら関西の親戚の家に泊まらせてもらって、当時毎年アニソン歌手のステージを開催していた太秦映画村に行く計画を立て、初めて一人旅もしました。
映画村でファンクラブの皆さんに初めてお目にかかって、今でも仲良くしていただいています。

それから40年弱。

おひとりさまの社会人となり、お財布的に少し余裕ができたので、かなり頻繁にライブを観に出かけています。
水木さんのライブも本当にたくさんみせていただいてます。
そんな中の久々のバースデイライブ。

今回はいつものがんがん歌う曲から離れて、「愛」と「哀」をテーマとしたバラード中心のセットリストでした。
私のチキン頭ではセトリなんぞ覚えられんので、どこかにアップされてないかな~と探してみましたが、さすがに見つけられませんでした。
残念。

レアな曲も歌ってくれたので、最近涙腺のゆるい私はもう最初から最後まで涙ダダ漏れ。
「バビル二世」のイメージソング「戦士ひとり」とか、スパロボ以降にファンになった人なんかは初めて聴いた!という人も多かったはず。
「エロイカより愛をこめて」のイメージソング「ロマンティック・アゲイン」はファンクラブあげてラジオでリクエストしまくって、私も必死で葉書を書きましたもん。

水木さんがライブの最初におっしゃいました。
「今日は愛と哀を歌います。しっかり歌詞を聴いてください」

アニソンの歌詞はストレートです。
愛とか勇気とか希望とかを語りかけます。
そして水木さんたちはそれを美しい日本語で歌いあげます。

最近のアニソンは主題歌というより作品のタイアップ曲として歌自体を独立した作品として扱いますから、歌詞が聞き取れないとか意味をなしていないなんていうのはざら。
フィーリング主体なんでしょうかね?

水木さんたちが中心になって歌ってきた昭和のアニソンは作品の主題歌ですから、曲を聴けばたいていどんな作品なのかわかります。
そしてその歌詞に込められたメッセージを感じ取らずにはいられません。

イントロを聴けば自然に歌を口ずさみ、うろ覚えでも意外に歌詞は出てきます。
DNAとまではいかないけれど、自分の中に確かに刷り込まれているものです。

しかも、最近はビジュアル重視で口パクでライブするアーティストも少なくない中、本当の肉声です。
息遣いまで聞き取れるナマの歌です。
この表現力の豊かさはライブを体験してみないことにはわかりません。
自分の文章能力の無さに地団太踏む思いです。

だから私は田舎でもライブを聴く機会をつくりたい。

私は身軽なうえに環境にも恵まれているから自分で出かけることができるけれど、それはどちらかといえば少数派。
大半の人はそんな機会には恵まれない。

私が今まで好きなことをさせてもらった恩返しに、ホンモノをデリバリーしたい。
去年あたりからそういう気持ちが強くなりました。

本業に支障をきたすようなことはできないから、今すぐというわけにはいきません。

だけど3年、時間をください。
必ず実現させるから。

アニソンとか、声優さんによるドラマリーディングとか。
都会では珍しくないけれど。 田舎ではとても貴重な体験となります。

楽しもうよ。
そして憧れたなら挑戦してみるのもいいんじゃない?

そんなきっかけの仕掛け人になりたいなあ・・・。

↓ってなわけで、水木一郎さんのCDを紹介してみますね。

|

« 2014年12月に読んだ本のまとめ | トップページ | 「暁のヨナ」1・2・3/草薙みずほ/花とゆめコミックス »

アニソンライブ漂流記」カテゴリの記事

コメント

いいですねぇ~~
バースディライブ♪
いつか・・行きたいです(T_T)

ロマンテックアゲインこの時期茶店でバイトしてたから有線に何度もリクエストした記憶があります。。

今、けいさんが企画していることが実現できるように北の大地から祈ってます(^^)/

PS DVD中々送らなくてごめんなさい。
今年中には~~~~~~(汗)

投稿: みゃ☆ | 2015年1月14日 (水) 22:02

みゃ☆さん

コメントありがとうございました。
みんなでバーデイライブに雁首揃えて客席に座ってる・・・って、考えるだけで楽しいですよね!
ぜひお出かけくださいませ。
私もがんばりますですよ!!

投稿: いちのせけい | 2015年1月15日 (木) 22:13

読売新聞社の鈴木美潮さんがライブについてコラムを書いていらっしゃいました。
http://www.yomiuri.co.jp/culture/special/donna/20150116-OYT8T50145.html
「アニソンは応援歌」「水木さんをはじめとするベテランアニソン歌手の方々は、日本語をはっきりわかりやすく歌う技術を持っているから、ダイレクトに歌詞が胸に飛び込んでくるのだ。」にものすごく共感しました。

投稿: いちのせけい | 2015年1月17日 (土) 15:24

amebaブログでセトリ出ましたよ♪
水木一郎バースデーライブ2015 ~愛と哀のヒーローソング~ 参戦レポ と云う名で^^
見てたら、マジ行きたいって気持ちが大きくなりました^^;

TOMEさん連れて、けいさん達と並んだら・・・・・pppp水木さんどんな顔するのかしら?

投稿: みゃ☆ | 2015年1月26日 (月) 04:57

みゃ☆さん

コメントありがとうございました。
このブログですね。

http://ameblo.jp/kuro-oolongtea/entry-11977814393.html

最近はトラックバックとかできないから不便だにゃ。

投稿: いちのせけい | 2015年2月 2日 (月) 20:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25639/60974706

この記事へのトラックバック一覧です: 水木一郎バースデイライブ2015~愛と哀のヒーローソング~:

« 2014年12月に読んだ本のまとめ | トップページ | 「暁のヨナ」1・2・3/草薙みずほ/花とゆめコミックス »