脱デブ!保健師さん宣言

2016年7月17日 (日)

晩ごはんその2

日が変わってしまいましたが、昨日の晩ごはんその2。
主食は抜きです。
その代わりに付け合わせのポテトとコーンを食べてしまいました。
いつもは残すんですけどね。


1468716232645.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

戦いすんで(笑)夕食です

まずはシーフードサラダ!


1468666351274.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お出かけ中は

友達と出かけているときは制限解除します。

えへへ。


1468651437086.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は友達とデートです

本日のランチ。

がっつりハンバーグいただきます!


1468637772872.jpg


1468637774236.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

期の熟するを待つ...

ただ今本職の方が大変忙しくなっております。
来月から特定健診が始まるのにあわせて、人間ドックの募集も始まるので、医療機関への説明会やら、受付準備やら、広報やら。しなければならないことがちゃんと準備できているか、どんなにチェックを重ねても、毎年何かしら不備が発覚するんですよね...。

すでに来年に向けてどんな手を打つか、頭の中はぐるぐるです。
そんな中、糖尿病の重症化予防のために糖質制限をアピールしていける余地は無いものか、期を見ては上司とも協議していますが、道はけわしそうです。

私自身が4年前から糖質制限を実践し、ある程度まわりからも減量やメンタル面の改善などの実績を認められてはいるようです。
なので話は聞いてもらえます。
が、公の活動として後押しをしてもらえるかといえば、それは別問題。
やはり厚生労働省が標準的な指導として認めない限り、ゴーサインは出しづらい。
焦らず、期を待て。
今日はそういう結論でした。

世間的にはかなり糖質制限が浸透しているように見えます。
きちんと話してみると、まだまだ誤解が多いのですが、奇想天外な話だとは思われなくなってきました。
なので、焦りません。
じわじわ自分が実践して、「詳しく教えて」と請われればいくらでも応じるよ、そんなスタンスがとれればいいかな、と。

実際、最初は笑い飛ばしていたうちの母が、けっこういい理解者になってくれましたし。

で、自分のための記録ということで、毎日の食事内容の記録は残しておこうと今更ながら思っています。
なにしろ面倒なことが大嫌いな私のこと。
いつまで続くかわかりませんが、しばらくお付き合いください。

糖質「制限」といいながら、こんなもんなの?と拍子抜けするくらい緩い感じですが(笑)。
それでもいいんだよ、と思ってもらえれば大成功。

明日の朝から、口に入れたものは写真に撮ってブログに並べてみます。
...料理苦手なのがばれるなあ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 6日 (木)

夏バテと熱中症

最近ダイエットが停滞中です。

原因はわりとはっきりしています。

果物の摂り過ぎです。

スイカがねぇ、大好きなんですよ。

鳥取県って、スイカの産地でして。

美味しいスイカが安いのです。

が、糖質オフ的には果糖たっぷりのNG食材ですわ~。

ヤバい、ヤバい。

さて、本日は特定保健指導のお仕事でした。

参加者さんが2階までエレベーターで上がってくる。

おいおい(^-^;

室内は結構冷房がきいてたんですが、入ってくるなり「暑い」。

半年前に食事と運動指導を受けて帰ったおばちゃんなんですが、体重は減ってるけど腹囲はぶよぶよ、見た目もたるたる。

ちょっと動いただけで息があがってる。

話を聞くと、暑くなってから食欲が落ちたので、お茶漬けとかそうめんばかり食べているらしい。

ああ、典型的な夏バテですな。

本人は気温が上がると血圧が下がるのでしんどいんだと言い張ってましたが。

糖質ばっかり食べてれば、血糖値の乱高下を繰り返し、ただでさえストレスにさらされている身体はどんどんしんどくなるでしょうねえ・・・。

たんぱく質をしっかり食べていると、意外に暑くてもバテません。

暑さはきっちり感じてますけどね。

糖質は水分を取り込むので、むくんでるのに脱水おこすことがありますが、糖質オフするとまず浮腫んでた水分がどんどん排出されます。

本当に身体に必要な水分をとればよくなるので、神経質に水分補給しなくてもそうそう脱水は起こしません。

今日のおばちゃんにもなるべくたんぱく質を摂るように話をしたかったのですが、まったく聞く耳を持っていただけませんでした。

でも、だって。

お茶漬け以外のものを食べたくない理由の羅列。

おばちゃんはおそらく涼しくなるまでひたすらお茶漬けやそうめんを食べ続け、しんどくなってはブドウ糖の点滴を受けて、体重は減るけどぶよぶよの不健康な身体になっていくと思われます。

炭水化物は胃では消化出来ないので、胃もたれもひどいんじゃないかと思うんですが。

自分が身をもって看板になれるくらいダイエットが出来ればいちばんいいんですよね。

もう一度初心にかえって仕切り直します。

本当はシンプルなんです。

糖質は極力避けて、たんぱく質をよく噛んでしっかりいただく。

それだけです。

年内にBMI25を切りたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

人間ドックの結果が出ました

こんばんは。いちのせけいです。

今年も人間ドックの結果が出てまいりました。

H24→H25→H26 です。

体重 68.2→65.0→63.9
腹囲 93.0→89.0→86.5
中性脂肪 120→103→122
HDL 47→61→48
LDL 144→144→87
γ‐GTP 60→40→31
空腹時血糖 105→108→87
HbA1c 5.7→5.7→5.6

腹部エコー所見として脂肪肝があります。

2年で4.3㎏減量。

腹囲減少。

LDLコレステロールも正常値になりましたが、HDLも一緒に下がっちゃったのでちょっと微妙?

これに関しては、実はドックの2日前まで実に4日間にわたって下痢をしてた影響が出たかもしれません。

これもちょっと不思議な下痢でして、腹痛も嘔吐も何もなくただ水様便がざーざー出るだけで、もしかして体に不要な水分を強制的に排出してたのかも?

そのあとぐんと筋肉率が上がりました。

そして脂肪肝からきていると思われるγ‐GTPが昨年初めて正常値になりました。

ずーっと酒飲むなって言われてたんですが、宴会でしか飲まないのに~って反論してたんですよ。

HbA1cは正常高値です。

昨年、一昨年と空腹時血糖が高かったのもあわせると、立派な糖尿病予備軍ですね。

制限してるつもりでも、まだまだ糖質をとってるってことでしょうか。

とすると、無制限に食べてた時代はよく無事だったなとちょっと怖いくらいです。

さて、いちのせにとってまったくストレスなく実施できている糖質制限ですが、男性のメタボが劇的に改善した!というのを横目に、効果は割合ゆるやかなような気がしています。

今は階段の踊り場状態なので、もう一工夫入れないと次の下り階段に踏み出せないのかもしれません。

そんな折、こんな本が出ました。

活字に抵抗がない人ならぜひ江部康二先生の本を読んでいただきたいところですが、本を読むのはちょっと・・・という人や視覚的にてっとり早く、という人には最適!なコミックスです。

これでじっくり取り組もうという気持ちになったら、本を1冊読んでみてくださいね。

「ダイエット=カロリー制限」で限界を感じている人ほど、そのあまりの効果にびっくりするはずです。

なにしろ今までどんなダイエットもダメだったいちのせですら簡単に実行できるんですから。

そしてちゃんと効果が出てるんですから。

ただし、実行するには自分で責任を持って、が原則です。

薬みたいにやめても効果が薄れるまで時間がかかるわけではありません。糖質を食べればいいだけですから。

でも必ず自分の体の声を聞きながらが大切なのです。

○○先生が言ってたから、ではなく、自分に合わないと思ったら即中止する、合うと思ったら続ける、その判断をするのは自分自身です。

公には日本の糖尿病学会は糖質制限に断固反対しているので、いちのせの本職として糖質制限の指導を最前線に据えられないのが痛し痒しなのですが、自分で実践してみて安全で効果的なのでこそこそと保健指導の際には取り入れています。

同僚には「またバカなことを言い出した」と呆れた目で見られてますけどね。

もう少し広告塔になれるくらいの効果を出したいものだと思っています。

非公式に「糖質制限の保健指導ができる保健師さん」として活動ができるよう、もう少し勉強や同志との交流の機会を作りたいところです。

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)